『インディ・ジョーンズ5』は原点回帰、再び世界を股にかける冒険物語に ― ただいま脚本作業中

ハリソン・フォード主演映画『インディ・ジョーンズ』シリーズの最新作『インディ・ジョーンズ5(仮題)』は、シリーズのルーツに再び回帰する“世界を股にかける冒険譚”となりそうだ。プロデューサーのフランク・マーシャル氏が明かしている。

ComingSoon.netのインタビューにて、マーシャル氏は『インディ・ジョーンズ5』についての質問に答えた。前作『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』(2008)が主にアメリカで撮影された作品だったのに対して、来たる次回作は各国での撮影を予定しているという。

マーシャル氏によれば、2018年10月1日現在、『インディ・ジョーンズ5』は脚本作業が進行中とのこと。プロジェクトを降板した『クリスタル・スカルの王国』の脚本家デヴィッド・コープに代わって、後任者には『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(2018)のジョン・カスダンが就任。マーシャル氏が信頼を置くメンバーがカスダンのもとに集まり、脚本家ルームとしてストーリーのアイデアを提案しているという。

したがって『インディ・ジョーンズ5』の内容はもちろん不明だが、マーシャル氏が各国で撮影を行うことを認めているあたり、『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』(1981)や『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』(1984)、『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』(1989)を思い出すような、いわば“シリーズの王道”を行く展開となるのだろうか。
以前、スティーヴン・スピルバーグ監督は「この映画がハリソン・フォード最後の『インディ・ジョーンズ』になる」明言していたが、フォード演じるインディアナ・ジョーンズの勇退を飾るにふさわしいアドベンチャー・ムービーとなることを楽しみにしたい。

ハリソン・フォード

Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/33374885042

 

なおインタビューの中で、これまで『インディ・ジョーンズ』の製作に携わってきたジョージ・ルーカスが次回作に再登板する可能性について、マーシャル氏はこのように述べている。

「ジョージと一緒にいて、彼のアイデアをもらえるのは本当に良いですよ。でも人生は変わって、私たちは前進したし、彼も先へと進んだんです。(『インディ・ジョーンズ』という)映画の元々の目的や、とりわけハリソンの役柄には非常に敬意を払っています。元々の目的とは何だったか、ということはずっと続いています。ぜひジョージには参加してもらいたいと思っています。ジョージの近くにいるのも、彼と一緒に仕事をするのも私は大好きなんですよ。でも(『インディ・ジョーンズ5』は)ちょっと異なるものになりますよ。違ったところからアイデアが出てきていますから。」

映画『インディ・ジョーンズ5(仮題)』は2021年7月9日に米国公開予定。なおスピルバーグ監督は、リメイク版映画『ウエスト・サイド物語(邦題未定、原題:West Side Story)』の撮影を2019年夏に実施するとみられている。

Source: ComingSoon.net
Eyecatch Image: Photo by Gage Skidmore

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。