Menu
(0)

Search

【インタビュー】『イン・ザ・ハイツ』アンソニー・ラモス、舞台・映画を超える作品の力 ─ 「この作品は特別、どんなショーや映画とも違う」

イン・ザ・ハイツ
© 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

『ハミルトン』リン=マニュエル・ミランダによる傑作ブロードウェイ・ミュージカルの映画版イン・ザ・ハイツが、2021年7月30日(金)より全国公開となる。THE RIVERでは、主要キャストであるアンソニー・ラモス、コーリー・ホーキンズ、メリッサ・バレラのほか、ジョン・M・チュウ監督への取材を実施し、貴重なコメントの数々を入手した。

アリアナ・グランデやドウェイン・ジョンソン、ヒュー・ジャックマンらが絶賛し、映画賞での高評価も期待される一作はどのように作られたのか。今回は、舞台版『イン・ザ・ハイツ』に続いての登板となった主演俳優、アンソニー・ラモスのインタビューをお届けする。『トランスフォーマー』次回作への主演も決まっている、ハリウッドの最注目株のひとりだ。

舞台から映画へ、『イン・ザ・ハイツ』のパワー

──『イン・ザ・ハイツ』映画版への出演が決まった時、どう思いましたか?

とても感動しました。どうすればうまくいくのかが分からない時、あるものを見つけたような気分になることがあるんです。「あのドアを通れるかもしれない」みたいな感じ。そのドアはあまりにも遠いと感じられるけれど、進み続ければ、やがて道が見つかり、自分のためにドアが開く。ある意味、壊れないものを打ち破ったような気持ちになる。この役をもらった時、そんなふうに感じました。

この役(ウスナビ役)は、僕自身に希望を持たせ続けてくれた役でした。僕がミュージカルを続けた最大の理由のひとつだったんです。僕に合わないショーがたくさんあるのはわかるし、僕をキャスティングしてくれないショーがあることもわかる。「この役柄はこうあるべきだ」というものに、必ずしも僕が合わないこともあるから。だけど、僕にはいつか演じてみたい役があって、いつかウスナビを演じる機会もやってくるんじゃないかと思っていました。そして、この機会に恵まれた。これは自分にとって、本当に大きな意味のあることです。僕はリン(=マニュエル・ミランダ)を尊敬しているし、彼に信頼してもらえたのは本当に大きなこと。ジョン・M・チュウ(監督)も素晴らしくて、僕は世界の果てまで彼について行きたいと思います。

イン・ザ・ハイツ
© 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

──ウスナビという主人公の魅力をお聞かせください。

ウスナビはみんなのことが大好きだし、自分のコミュニティを愛しているし、大切にしている。自分の人生に関わる人々に、とても尽くす人です。彼は自分が大事だと思うことに力を尽くすし、とても親身になる。いとこのソニーとの関係には、そういうところが出ていますよね。ウスナビは、いつかドミニカ共和国で再び暮らしたいという夢を持っているし、ソニーを連れて帰りたいとも思っているんです。

映画に出てくるアブエラという役は、(ウスナビにとっての)おばあちゃんだけれど、本当のおばあちゃんじゃない。だけど、本物のおばあちゃんのようにウスナビを育てた。そういう存在は、たとえば僕たちのように、ワシントンハイツのようなコミュニティで育った人間にはとてもよくわかります。僕らは「ドニヤ」と呼んでいたけど、アルカプリアという、伝統的なプエルトリコのスナックをくれた人がいました。(アルカプリアは)ビーフを使ったポテト・ボールみたいな食べ物なんですけどね。それからピラグア・ガイみたいな人もいて、窓からピラグアを売っていた女性のことも覚えていますよ。そういう景色はすごく特別なものでした。

ウスナビは、そういう自分のコミュニティを本当に大切にしているし、人生で愛する人々のこともすごく気にかけている。最高の自分になれるように、ウスナビは自分にできることは全部やろうと思っているんです。

イン・ザ・ハイツ
© 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

──舞台版に続いての『イン・ザ・ハイツ』ですが、原作と映画版の共通点・相違点をどのように考えていらっしゃいますか。

共通するのはストーリーのハートだと思います。『イン・ザ・ハイツ』は特別な作品で、参加したことがある人、または観たことがある人なら、誰でも「このショーは何かが特別だ」と言うはず。心の琴線に触れるショーなんです。他のどんなショーとも、どの映画とも違った形で心に響く。それは、とても大きなハートをもって作られたからだと思いますよ。この作品を作るために、たくさんのハートと時間、愛、思いやりが注がれているから。

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly