『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』とその続編、映画史上最高の製作費で撮影中?

2018年公開予定の『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(原題:Avengers: Infinity War)』、つづく2019年公開予定の『アンタイトルド・アベンジャーズ(仮題)』が、映画史上もっとも製作費の高い作品となる可能性が浮上してきた。この情報は、現在『インフィニティ・ウォー』の撮影が行われているパインウッド・アトランタ・スタジオを所有する、ダン・キャシー氏が示唆したものだ。

【和訳あり】『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は「映画史上かつてない事件」に!メイキング映像&コンセプトアートが到着


アトランタ・ビジネス・クロニクル誌の取材で、ダン氏は「我々は現在、製作費10億ドルの、史上最大の映画製作を実施している」と述べた。ダン氏はその映画が『インフィニティ・ウォー』だとは明言していないものの、現在パインウッド・スタジオでは『インフィニティ・ウォー』『アンタイトルド~』がまさに撮影の真っ最中だ。このことから海外メディアは、2作品の製作費が総額10億ドルにのぼるのではないかと予測している。単純に分割して1本あたり5億ドルという製作費は、映画史上最高額にあたるものだ。

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年5月4日、『アンタイトルド・アベンジャーズ(仮題)』は2019年5月3日に全米公開予定。とんでもない豪華キャストが実現するだけに、製作費の何割が俳優のギャラなのかも気になるところである。

Source: http://www.bizjournals.com/atlanta/news/2017/03/01/dan-cathy-pinewood-atlanta-studios-hosting.html
http://www.the-numbers.com/movie/budgets/all
Eyecatch Image: http://www.gackhollywood.com/2016/09/the-avengers-infinity-war-movie-releasing-dates-latest-teasers-trailers-behind-the-set-pics-leaked/
© Marvel

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。