【和訳あり】『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は「映画史上かつてない事件」に!メイキング映像&コンセプトアートが到着

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のメイキング映像第1弾が公開された。今回の映像は、撮影初日となった2017年1月23日のアトランタより、ロバート・ダウニー・Jr.(アイアンマン役)&クリス・プラット(スター・ロード役)&トム・ホランド(スパイダーマン役)のコメントのほか、スタッフ陣へのインタビュー、初出しのコンセプトアートという“サプライズ”満載で構成されている。

3作品の主役が語る意気込み

ダウニー・Jr、プラット、ホランドの3人は、『インフィニティ・ウォー』の撮影に向けて、各々の思いをストレートに語っている。

クリス・プラット(スター・ロード役)
「今日(2017年1月23日)が、アトランタのパインウッド・スタジオでの撮影初日なんだ。まったく、本当に信じられない気持ちさ」

ロバート・ダウニー・Jr.(アイアンマン役)
「一年間の撮影が楽しくなりそうな、そんな初日だよ」

トム・ホランド(スパイダーマン役)
「『アベンジャーズ』第1作を親友と観た時には、自分がシリーズのひとつに出演する、ましてスパイダーマンを演じるなんて夢にも思わなかったよ。まるで自分が世界一になったような気分さ。それくらい興奮してるんだ」

『インフィニティ・ウォー』と、続く『アンタイトルド・アベンジャーズ(仮題)』の撮影は、分割せずにまとめて実施される予定だ。とりわけダウニー・Jr.のコメントからは、通常の映画では考えづらい、1年間にも及ぶ撮影への意気込みが感じられる。

『シビル・ウォー』は壮大な“前フリ”だった?

マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長は、マーベル・シネマティック・ユニバースを「作品や時間を超えてつながる大作映画」として捉えているという。

https://www.youtube.com/watch?v=sAOzrChqmd0

https://www.youtube.com/watch?v=sAOzrChqmd0

「『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は、2008年5月の『アイアンマン』に始まったマーベル・シネマティック・ユニバースの到達点なんだ。シリーズの作品をすべて繋げる、かつてない、前例のない到達点だよ。我々にとって大切なのは、彼らの全員が協力して、『アベンジャーズ』に登場したサノスに対峙することだ。いかにそれを予想外の方法でやるのか。アベンジャーズと史上最強の敵が対決する、しかし彼らはまったく準備ができていない。そのために『シビル・ウォー』をやったんだ。『インフィニティ・ウォー』のためにね」

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』に続き、『インフィニティ・ウォー』でメガホンを取るのは、アンソニー&ジョー・ルッソ監督だ。脚本も同作に続き、クリストファー・マルクス&スティーヴン・マクフィーリーが担当する。彼らは口を揃えて、『シビル・ウォー』と『インフィニティ・ウォー』の繋がりを語った。

https://www.youtube.com/watch?v=sAOzrChqmd0

https://www.youtube.com/watch?v=sAOzrChqmd0

https://www.youtube.com/watch?v=sAOzrChqmd0

https://www.youtube.com/watch?v=sAOzrChqmd0

アンソニー・ルッソ監督: 僕たちが構想して製作した、『シビル・ウォー』の結末は大いなる準備だった。きっとこれらの映画(『インフィニティ・ウォー』『アンタイトルド~』)も、かつてそうしてきたようになるだろうね。

クリストファー・マルクス: トニーとスティーブが決裂して、アベンジャーズは名前だけの存在になった。世界は脆い状態なんだ。

ジョー・ルッソ監督: トニーは巨大な脅威が迫っていることを察知している。だから彼は平和を守るため、自らのすべてを投じるのさ。

なお映像の中では、トニーとアイアンマン・スーツのコンセプト・アートも紹介されている。

20170212185641

https://www.youtube.com/watch?v=sAOzrChqmd0

最凶のヴィラン、最高のアドベンチャー

ケヴィン・ファイギ社長は、『インフィニティ・ウォー』のヴィランであるサノス(ジョシュ・ブローリン)について「なぜ彼が最大にして最高・最悪のヴィランなのかを見せつけてくる。アベンジャーズにとって最も恐ろしいヴィランだ」と話す。

https://www.youtube.com/watch?v=sAOzrChqmd0

https://www.youtube.com/watch?v=sAOzrChqmd0

https://www.youtube.com/watch?v=sAOzrChqmd0

https://www.youtube.com/watch?v=sAOzrChqmd0

そのサノスに相対するのは、これまでマーベル・シネマティック・ユニバースに登場してきたキャラクターの面々だ。全編を指揮する監督も、その意気込みをこう明かしている。

ジョー・ルッソ監督: 一番ワクワクするのは、すばらしいキャラクターのスゴい顔ぶれだよ。マジでアツい、エキサイティングな、大スケールのアドベンチャーを作ってみせる。

またケヴィン・ファイギ社長は、今回のメイキング映像で「『インフィニティ・ウォー』ではアベンジャーズと『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』が出会うことになる」と明言。以前から話題になっていた情報だが、これをマーベルが公式に認めるのは初めてとみられる。また映像の中では、ソーとロケット・ラクーンが共闘するコンセプトアートが公開された。

https://www.youtube.com/watch?v=sAOzrChqmd0

https://www.youtube.com/watch?v=sAOzrChqmd0

ジョー・ルッソ監督: マーベルの存在、そして彼らが過去10年でやってのけたことがあって、2本の『アベンジャーズ』は映画史上かつてない事件になるんだ。

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年5月4日全米公開予定。今後の情報からも目が離せない。

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』出演者22名が大発表!キャプテン・マーベル参戦決定、残り44名は?

source & Eyecatch Image: https://www.youtube.com/watch?v=sAOzrChqmd0

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。