『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』新タイトルロゴ登場!ロケット・ラクーンも撮影絶好調か

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の撮影が始まって数日、早くもそうそうたるメンバーが現場に揃いつつあるようだ。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズでロケット・ラクーン(ブラッドリー・クーパー)のモーション・キャプチャーを担当し、さらにラヴェジャーズの一員クラグリン役を演じているショーン・ガンが、自身のInstagramで『インフィニティ・ウォー』の撮影に合流したことを明かしている。

Starting work on a new project. It’s secret, though. I can’t say what it is. #amidoingthisright

Sean Gunnさん(@thejudgegunn)が投稿した写真 –

この写真でショーンが被っているニット帽には、アベンジャーズ・マークを使用した“INFINITY WAR”のロゴが付いている。このロゴが映画のタイトルに直接使用されるかどうかは定かではないものの、おそらく撮影現場ではタイトルを表すビジュアルとして親しまれているのだろう。もしかすると、今後展開されるであろうグッズに使用されるものかもしれない。

またショーンが撮影に参加しているということは、ロケット・ラクーンのシーンが現在撮影されているか、『インフィニティ・ウォー』にラヴェジャーズの登場シーンが存在するか、のどちらかだ。ドラックス役を演じるデビッド・バウティスタが、撮影初日から現場に登場したことを考えると、すでに現場ではロケットが大活躍している可能性も高そうである。

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』撮影開始!しかし俳優陣は脚本未読、カンバーバッチは代役で出演?

ちなみにショーンが演じるクラグリンは、5月12日公開の『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』で、前作以上の役回りを担うことになるという。ただし、クラグリンが『インフィニティ・ウォー』にも登場するのかどうかは分かっていない。

なお『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』には、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのジェームズ・ガン監督が製作総指揮として参加している。世界観の異なる『アベンジャーズ』にどうやって『GOTG』メンバーが登場するのか……と気を揉んでいるファンもいるだろうが、シリーズの雰囲気はきっとガン監督が丁寧に活かしてくれるに違いない。

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年5月4日全米公開予定。

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』出演者22名が大発表!キャプテン・マーベル参戦決定、残り44名は?

source: http://comicbook.com/2017/01/24/sean-gunn-begins-work-on-avengers-infinity-war/
Eyecatch Image: https://www.instagram.com/p/BPqVWUYFgOd/

About the author

1989年生まれ。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはわかりづらいまま、少しだけわかりやすくしてお届けできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。