マーベル新ドラマ『インヒューマンズ』IMAX上映に米メディアの評価辛辣 ─ 不評相次ぐ理由とは

マーベル・スタジオの放つ新ドラマ『インヒューマンズ』に、本国アメリカから大ブーイングが噴出している。本作は、ドラマの第一話と第二話をIMAX劇場でプレミア上映するなど、毎話映画並のクオリティを誇る作品として制作されていた。映画シリーズの進撃止まらぬマーベル派生ドラマとして鳴り物入りで登場を果たしたが、その仕上がりはファンを満足させられず厳しい意見にさらされている。

『インヒューマンズ』は、マーベル・シネマティック・ユニバースからの派生ドラマ『エージェント・オブ・シールド』と世界観を共有。超人種族であるインヒューマンズの王室一族を描くストーリーで、声に破壊の力を持つブラックボルトや、赤い長髪を自在に操るメデューサ、番犬となる巨大なブルドッグのロックジョーなど個性的なキャラクターらがドラマを繰り広げる。

本国でのプロモーションは2017年初夏ごろより始まっており、6月と7月には予告編映像が公開されていたものの、予告編の時点から今ひとつ盛り上がりに欠けるような内容で、ファンからはむしろ不安の声が挙がっていた。

映画並のスケール、王室をめぐる人間ドラマ…楽観的な意見の中には、「これはマーベル版ゲーム・オブ・スローンズなのだろう」と捉えるものもあったが、IMAX劇場のプレミア上映をついぞ迎えると、その期待にも届かなかったとの意見が溢れ出た。レビューサイトRotten Tomatoesの批評家スコアはわずか4%、各メディアも軒並み辛辣な評価を下している。

『インヒューマンズ』=超人的の意味にかけ、「超人的にひどい」と切り捨てるのはUSA TODAY。「キャラクターが何をやっているのか、どういう心情を表しているのかを説明できていない。結果、バラバラの人たちが叫んだり火を投げ合っているだけの中身のないストーリーになっている」と指摘する。

TVドラマながらもIMAXカメラで撮影されたという点も異例として盛り上げられていたが、Den of Geekはその利点を全く活かせていなかったと指摘している。「IMAXカメラで撮影されようが、ロエル・レイネ監督は”凄い画”とか映画的な映像に全く出来ていない。実際、インヒューマンズはすごく安っぽく見えて、低予算だったマーベルNetflixドラマ並だった」といい、「(マーベル・スタジオ社長の)ケヴィン・ファイギとMCUのフィルムメーカーたちはこれを観てどうするんだろう?」と締めている。

IGNのレビューによれば「いつものマーベルらしくない」そうだ。ストーリーには何の狙いもなく、規模に見合う鑑賞に値するまで磨かれていないという。インヒューマンズは、居場所を追われたキャラクターらが地球のハワイにやってくるという物語だが、ハワイの大自然を捉えた映像が悪作用し「マーベル最新の伝説を観ているというより、家でディスカバリー・チャンネルを観ているような気分になった」とバッサリ。IMAXでの上映はむしろ害でしかなかったとまで語っている。

各メディアのレビューを読み解くと、不評の原因はキャラクターの心情描写不足に尽きる、という印象を受ける。特に顕著なのがイワン・リオン演じるマキシマスだ。インヒューマンズの王ブラックボルトの弟であり、”怒れる男”であるマキシマスは王座を狙って王家殺害を試みるのだが、観客がとにかく嫌っているのがこのマキシマスである、とComicbook.comは分析している。詳細は我々も本編を観るまでわからないが、同記事はマキシマスを「気持ち悪い」と吐き捨てている。

また、「マーベルはインヒューマンズをどうするべきか」とのタイトルで掘り下げるScreen Rantの記事も、やはりマキシマスのキャラクター性をしっかり描くべきと意見している。 同記事では他に「『エージェント・オブ・シールド』ともっと絡めるべき」「今後のMCUに関与させるべき」「アティラン(インヒューマンズが暮らす街)がどうなっているのか説明すべき」「もっとそそられるインヒューマンズを用意すべき」「ロケ地をもっと活かすべき」「小道具にちゃんとお金をかけるべき(マジで)」「ロックジョーをもっと出すべき」など、1つや2つでは収まりきらないリクエストを挙げている。

低予算、短納期

この度上映された第1〜2話のロエル・レイネ監督のインタビューも参照してみると、これまで見てきた不評の理由が分かる。マーベルは、低予算かつ短納期で仕事をこなしてくれるロエル監督に、「不慣れなIMAXカメラを用いて20日間で2話撮影する」という難題を投げていたようだ。

「スケジュールは超タイトでした。20日間というTVドラマのスケジュールでIMAXカメラを使って2話撮らなければいけなかった。でも私は低予算映画出身だから、20日もあれば贅沢だなと。」

これまで、スティーブン・セガール『弾突 DANTOSU』(2008)『デス・レース3 インフェルノ』(2012)『スコーピオン・キング3』(2012)などB級アクション映画の多くを手がけてきた自身がマーベル作品の監督に起用された理由について、ロエル監督は以下のように分析している。

「私のアクション映画はすごく短期間だったり低予算で撮っているのに、規模が大きく観えるから、(マーベルは)私の仕事のそういう点を気に入ったんだと思います。」

最も、今秋放映されるTVバージョンでは、IMAXプレミア上映版には含まれなかった映像もあるという。事実、不評の声の原因の多くはキャラクター描写の薄弱さによるものであり、「IMAX版はなんだかブツ切りだった」との声も見られるが、それはIMAX版ではカットされていたからだと考えれば何とか納得がいく。

全8話構成の『インヒューマンズ』の日本における放送および配信については未定と見られるが、今後のエピソードの評判次第では日本の放送・配信各社も買い付けにはかなり慎重にならざるを得ないだろう。なお、『インヒューマンズ』製作総指揮はNetflix『アイアン・フィスト』のスコット・バックである。

Source:http://comicbook.com/2017/10/01/inhumans-maximus-villain-problem-caste-marvel
http://www.denofgeek.com/us/tv/inhumans/267356/marvels-inhumans-premiere-review
http://www.ign.com/articles/2017/08/31/marvels-inhumans-the-first-chapter-review
https://www.usatoday.com/story/life/tv/2017/09/28/marvel-inhumans-abc-review/706082001/
https://www.rottentomatoes.com/tv/marvel_s_the_inhumans/
http://screenrant.com/how-marvel-inhumans-can-improve/
https://www.cnet.com/news/marvel-inhumans-fast-and-cheap-director-roel-reine/
Eyecatch Image:https://youtu.be/1sYF1SXcWqQ Thumbnail

About the author

インド旅行中、たまたま現地新聞に写真を撮られて掲載されるというミラクルを起こしました。持ってる男。THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。