Menu
(0)

Search

DC格闘ゲーム『インジャスティス2』に『ウォッチメン』キャラが参戦か?

2013年に発売されたInjustice: Gods Among Usは、悪に墜ちたスーパーマンが支配する世界にてレジスタンス活動を続けるバットマンが最後の手段で王道なヒーロー達がいる世界に救援を求める所から始まる格闘ゲーム

ストーリー面でもそれの正統続編である『INJUSTICE2』はすでにアトロシタス&デクスター、ブルービートル(ハイメ・レイエス)、デッドショット、スーパーガール、ゴリラグロッド等の参戦が決定し、キャプテンコールドやDr.フェイトの登場も確実視されています。

そんな『インジャスティス2』の製作者エド・ブーンはtwitterにて非常に気になる質問ツイートをしました。それは「『インジャスティス2』にウォッチメンのキャラを出すのはどうか?」です。

長年、アラン・ムーアの『ウォッチメン』は聖域化されており、背景にカメオ出演することはあってもウォッチメンのキャラクターは彼らのモデル、元ネタが別世界でウォッチメンに酷似したキャラクターとなって表現されていました。例えばドクター・マンハッタンはキャプテンアトム、ナイトオウルはブルービートル(テッド・コード)、ロールシャッハはクエスチョンと言ったようにです。

その一方でウォッチメンと同じくらい歴史的名作な『キングダムカム』のキャラクター、例えばマゴッグはDCコミックスに登場しており、彼の存在がユニバースを『キングダムカム』に導いてしまうと語られた結果、マックスウェル・ロードに謀殺されたりしています。

ですが2016年に発表されたDCユニバースRebirthにて、ウォッチメンのキャラクターがDCコミックスの世界と歴史に関与していることが示唆されており、聖域は少しずつ解放されているように思えます。そのことからゲーム『INJUSTICE2』にウォッチメンのキャラが登場するのもあながちありえないことではないかもしれません。

エド・ブーンがtwitter上でアンケートを採ったのは『ウォッチメン』だけではありません。『スポーン』や『ヘルボーイ』をゲスト参戦させることも検討している様子があり、制作陣営が多岐にわたる可能性を見ていることが伺えます。

ゲームだけでなく前日譚コミックも高い評価を受けた名作格闘ゲーム『INJUSTICE』。その続編ともなれば非常なプレッシャーになりますが、それに応えてくれることを望むばかりです。『INJUSTICE2』の発売は2017年予定となっています。楽しみですね。

参考url:https://twitter.com/noobde

Writer

小村健人村上 幸

DCコミックスと非ヒーローコミックスをメインに読んでいます。ユーロコミックスを原語で読むのが現状の目標です。好きなヒーローチーム:ジャスティス・リーグ・インターナショナル好きなヒーロー:たくさんのDCヒーロー(特にキース・ギッフェンがライターを担当した時のヒーローかヴィラン) salarmko@outlook.jpお仕事の依頼はこちらへ。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly