Menu
(0)

Search

【インタビュー】「ザ・ボーイズ」シーズン2は「皆が窮地に陥る」 ─ プロデューサー、作品愛や今後の展開明かす

ザ・ボーイズ シーズン2

名声に溺れ、腐敗しきったスーパーヒーローに特別な能力のない“ザ・ボーイズ”が立ち向かうAmazon Originalシリーズ「ザ・ボーイズ」シーズン2が、2020年9月4日(金)より配信開始となる。その異色のヒーロー譚が世界で人気を博してきた本シリーズには、いかなる破天荒な展開が今後待っているのだろうか。

シーズン2配信開始に先がけて、THE RIVERでは製作者&キャストから届いたインタビューを5日連続でお届け。初回は、「スーパーナチュラル」(2005-)などで知られるクリエイターで、「ザ・ボーイズ」脚本・監督・製作を務めるエリック・クリプキのインタビューをご紹介しよう。フィルムメーカーになる前から原作コミックの大ファンだったというクリプキが語る「ザ・ボーイズ」愛から、気になるシーズン2のヒントまで、ぜひチェックしてほしい。

eric kripke エリック・クリプキ
Photo by vagueonthehow https://www.flickr.com/photos/vagueonthehow/4852306360/in/photostream/| Remixed by THE RIVER

「ザ・ボーイズ」プロデューサー エリック・クリプキ インタビュー

── このシリーズは他のドラマ・シリーズと何が違うと思いますか?特に、他のスーパーヒーロー作品との違いはなんでしょうか?

このドラマは、スーパーヒーローものの対極的な世界を見せています。もし我々の世界に(スーパーヒーローが)本当に存在していたらどうだっただろうか、と。きっと彼らはセレブになるだろうし、マネタイズ(収益化)するために企業が放っておかないでしょう。もし普通の人間であれば、セックスに溺れ、金にまみれたペテン師のようになってしまいます。ですが、彼らは核兵器並の力を持っていて、(企業とは)とても危険な組み合わせです。

このドラマはスーパーヒーローものが好きな人の為のものでもあり、スーパーヒーローものが嫌いな人のための作品でもあります。もし本当にスーパーヒーローが存在したのならどうなるのか、その暗部を見せています。

── 「ザ・ボーイズ」の原作コミックはいつ知りましたか? どの時点でこれはドラマとしていけると思いましたか。また、どんなところに惹かれましたか?

私は原作者(ライター)のガース・エニスの大ファンなんです。彼が書いたものは全て好きです。ですから、「ザ・ボーイズ」も彼を追っていたから知ることになっただけでした。しかも、それはまだこの仕事を始めるよりもずっと前のことです。本当にこの作品が大好きでした。ずっと自分の記憶にも残っていました。セレブとなったスーパーヒーローに、現実的な政治の話が絡まり、とても興味深い世界観だと思いました。そんな側面に私は惹かれたんです。

私たちが住む現在の世界に対する完璧なメタファーで、何年も前にガースがこの作品を書いた時よりも今のほうが更にそう感じられます。専制政治とセレブが出会った瞬間でもありますし、私たちが暮らす今の世界そのものです。すごく惹きつけられただけでなく、スーパーヒーローというものを脱構築でき、世界で起こっている様々なことを風刺することもできます。

ザ・ボーイズ シーズン2

── シーズン1では、原作で重要なキャラクターを殺してしまっていましたが、原作とは違うストーリーを考えてらっしゃるのでしょうか?

ええ、そうです。原作に忠実に映像化しようとは最初から考えていませんでした。もしそうしていたら、出来の悪い作品に仕上がっていたことでしょう。原作のことを愛していますが、(コミックとドラマは)別々のメディアです。コミックは、どちらかといえば1話ごとに読ませることが多いですが、ドラマに関しては、今回はストリーミング・サービス用に配信されるものなので、ひとつの大きな物語にする必要がありました。

なので、フォーマットは別ですが、そこに驚きやひねりを加えていくなかで、(原作の持つ)雰囲気からは逸脱しないようにしています。特にキャラクターのもつ雰囲気には忠実であろうとしました。原作で彼らがどういうキャラクターであるか、ということに対してです。そこが守れていれば、他のことも大丈夫になると思っていました。

── シーズン2はどうなるでしょうか? 少しだけ教えていただけますか?

シーズン2はより緊張感があり、より狂っていて、キャラクターたちにはよりプレッシャーがかかり、彼らは追い詰められていきます。ボーイズ達は指名手配され、逃亡者になり、ホームランダーはより反社会的(ソシオパス)な状態へと落ちて行きます。皆が窮地に陥ることにより、新たな側面が垣間見えることになります。

「ザ・ボーイズ」シーズン2は全8エピソード。第1話~第3話は2020年9月4日(金)に、第4話以降は10月9日まで毎週金曜日に配信。

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly