Menu
(0)

Search

『ハリー・ポッター』透明マントが現実に

https://youtu.be/pZMyWEWHCTM

ハリー・ポッター』シリーズに登場する透明マントや、『攻殻機動隊』光学迷彩、『メタルギアソリッド』ステルス迷彩の実現が近い。

開発を進めているのは、カナダのHyperStealth Biotechnology社。「Quantum Stealth」と呼ばれるこの技術では、電力も不要、薄いシートのようなものを介するだけで、向こう側の物体が背景に消えてしまったように見える。実際の映像で確認してほしい。

仕組みは光の屈折なので、水の入ったコップにスプーンを入れると曲がってみる現象とか、コップの下にコインを置くと消えたように見える現象と同じだ。

プレスリリースによれば、人や車両、船、宇宙船、そして建物までもが「環境、季節、昼夜問わず」隠すことが可能。軍事向け用途を想定しており、映像でも戦闘機や戦車の模型を隠す様子や、機動隊のシールドを模した様子が実演されている。

まさに魔法のような驚くべき技術だが、より『ハリー・ポッター』を感じられる、一般向けのアイテムはないか?

そこでご紹介したいのが、マントを被って専用アプリで撮影すると、まさに劇中さながらに透明になれるアイテム、その名も『ハリー・ポッター 透明マント』。映画の撮影などにも仕様される、クロマキー合成の技術を用いているようだ。

日本でもハナヤマ社より発売が決定しており、日本語の紹介動画も公開されている。価格は税抜7,800円。今すぐ魔法を体験したい方はチェックしてみては。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly