マーベル/Netflix『アイアン・フィスト』シーズン2はショーランナー交代!新任者はドラマ『スリーピー・ホロウ』より起用

2017年7月21日(現地時間)に製作が発表された、マーベル/Netflixによるドラマ『アイアン・フィスト』シーズン2は、前シーズンより大幅な見直しが加わることになりそうだ。脚本・演出・プロデュースなどシリーズ全体を指揮するショーランナーが交代することが明らかになった。

Deadlineによると、『アイアン・フィスト』シーズン2でショーランナーを担当するのは、ドラマ『スリーピー・ホロウ』(2013-2017)でエグゼクティブ・プロデューサーを務め、数話の脚本を執筆しているレイヴン・メッツナー。『アイアン・フィスト』シーズン1を担当したスコット・バックは続投せず、現在はドラマ『インヒューマンズ(原題:Inhumans)』にてショーランナーを務めている。

メッツナーの起用について、マーベル・テレビジョンのジェフ・ローブ氏は以下のコメントを寄せている。

「レイヴンの『アイアン・フィスト』への愛情と、マーシャルアーツ映画への幅広い知識は、ダニー・ランド/アイアン・フィスト(フィン・ジョーンズ)とコリーン・ウィング(ジェシカ・ヘンウィック)の冒険の続きを語るにふさわしいものでした。シーズン1と『ディフェンダーズ』は、この幻想的でアクションの詰まった物語の始まりにすぎません。」

『アイアン・フィスト』シーズン1はファンの間でも賛否が分かれ、ほかのマーベル/Netflixドラマに比しても批評的に苦戦した作品だった。しかし今回の交代がそれを理由にしたものか、『インヒューマンズ』とのスケジュールの都合によるものかはわからない。

ちなみにメッツナーは、映画『エレクトラ』(2005)を執筆した経歴の持ち主で、マーベル作品には12年越しのカムバックとなる。しかし同作も映画批評サイト「Rotten Tomatoes」では10%メーターを記録するなど、これまた批評的に相当苦しい結果を残した作品だった。
もっとも、当時のメッツナーは複数の脚本家のひとりとして同作に参加していたにすぎない。『アイアン・フィスト』シーズン2では、その本領を存分に発揮しての鮮やかなリベンジに心から期待したい。

Source: http://deadline.com/2017/07/marvel-iron-fist-raven-metzner-new-showrunner-netflix-series-1202133599/

About the author

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。