映画版「フラッシュ」は『フラッシュポイント』、『バットガール』は2018年製作開始 ― DC映画のラインナップ発表される

2017年7月22日(現地時間)、米国「サンディエゴ・コミコン2017」で開かれたワーナー・ブラザース社のパネル・イベントで、今後のDCエクステンデッド・ユニバース(DCEU)の作品ラインナップが発表された。
複数の現地メディアが、このイベントで上映された映像に今後の作品ロゴが多数含まれていたことを報じている。

DCエクステンデッド・ユニバース、今後の作品ラインナップ

「サンディエゴ・コミコン2017」のパネル・イベントにて発表された作品ラインナップは以下の通り。なお、タイトルは現時点ではすべて仮題とみられる。

  • 『シャザム!』
  • スーサイド・スクワッド2』
  • 『ザ・バットマン』
  • 『ジャスティス・リーグ・ダーク』
  • 『バットガール』
  • 『グリーン・ランタン・コァ』
  • 『ザ・フラッシュ:フラッシュポイント』
  • 『ワンダーウーマン2』

タイトルの時点で注目しておきたいのは、『ザ・フラッシュ:フラッシュポイント』『ワンダーウーマン2』だ。前者は映像に登場したロゴが、2011年のコミック『フラッシュポイント』と同じだったことから判明したもの。また『ワンダーウーマン2』は、以前より製作については関係者が明言していたものの、公式発表は今回のイベントが初めてとなる。

コミック『フラッシュポイント』は、今やDCEUのブレーンとして活躍するジェフ・ジョンズがライターを務め、アートをアンディ・キューバートが担当した作品。ある朝目覚めたバリー・アレン/フラッシュが世界の異変に気づき、フラッシュとしての能力を失いながらも元の世界を取り戻すべく奮闘するストーリーだ。スーパーマンやバットマンなど他のヒーローが登場する物語でもあり、忠実に映画化される場合、『ジャスティス・リーグ』(2017年11月23日公開)に次ぐクロスオーバー作品となる可能性もある。

なお、コミック『フラッシュポイント』にはブルース・ウェイン/バットマンの両親であるトーマス&マーサも登場。「サンディエゴ・コミコン2017」でこの発表があった折、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016)でトーマス・ウェインを演じたジェフリー・ディーン・モーガンが映画版『フラッシュポイント』への出演を示唆するツイートを投稿している。

『バットガール』は2018年製作開始!

そのほか、7月20日(現地時間)に『シャザム!』の監督が『ライト/オフ』(2016)のデヴィッド・F・サンドバーグに決定したことが明かされた以外には、今後のラインナップについて「サンディエゴ・コミコン2017」で大きな発表は行われていない。
ちなみに『ジャスティス・リーグ』の予告編ではグリーン・ランタンの存在が示唆されているものの、その真相が本編まで明かされることはないだろう。

ただしIGNがジェフ・ジョンズにインタビューしたところによれば、現在『ジャスティス・リーグ』の再撮影を指揮しているジョス・ウェドンがメガホンを取る『バットガール』は2018年に製作が開始されるという。順当なペースで製作されれば、劇場公開は2019年~2020年前半となりそうだ。

ひとつだけ気になるのは、マーゴット・ロビーがハーレイ・クイン役を再演し、『スーサイド・スクワッド』デヴィッド・エアー監督が登板するという『ゴッサム・シティ・サイレンズ(仮題)』がラインナップに入っていないことだ。まだ発表できるタイミングではないのか、それとも企画に見直しが入っているのか……。

なにはともあれ、DCエクステンデッド・ユニバースの次回作である『ジャスティス・リーグ』は2017年11月23日全国ロードショー
これからも気になる作品ばかりで、その動向からは到底目が離せそうにない。

Sources: http://batman-news.com/2017/07/22/wonder-woman-2-flashpoint-dc-comics-movies/
http://deadline.com/2017/07/wonder-woman-ii-flashpoint-1202133919/
http://www.cbr.com/flash-film-flashpoint/
http://www.comingsoon.net/movies/news/872565-comic-con-batgirl-start-date-wonder-woman-2-script-affleck-on-the-batman#/slide/1
The DC logo is a trademark of DC Comics.

About the author

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。