Menu
(0)

Search

「アイアンマンはマーベル映画の核心」 ― 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』監督がトニー・スタークの重要性を熱弁

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
© Marvel Studios 2018

2019年5月に米国公開を迎える『アベンジャーズ』第4作(正式タイトル不明)をもって、過去10年以上にわたって展開されてきたマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)は大きな区切りを迎える。その物語を主に牽引してきた人物の一人が、天才科学者にして実業家のトニー・スターク/アイアンマンだ。

そもそもマーベル・シネマティック・ユニバースという映画界の“事件”は、2008年、『アイアンマン』という作品から始まった。『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)のアンソニー&ジョー・ルッソ監督は、アイアンマンという存在の重要性を改めて強調する。

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』© Marvel Studios 2018

「あらゆる面でアイアンマンはマーベル・ユニバースの核心(heart and soul)だと思います」。米WIREDのインタビューでこう語ったのはジョー・ルッソ監督だ。

「彼は魅力的な人物、大好きなキャラクターです。なぜなら、彼には大きな欠陥があるから。僕たちは、取り扱いが難しくて、また人間性が示されているキャラクターが大好きなんですよ。あらゆる登場人物と同じく、トニー・スタークもそうだと思います。ナルシスティックで、アルコールに依存していたところからヒーローへと成長したことが、彼を非常に共感できる人物にしているし、またマーベル・ユニバースが描くものを表していると思います。登場人物が先にあって、彼らの選択によってヒーローが形づくられていくんだと。」

ジョー監督が指摘しているのは、まさしくMCUに横たわる根幹といえるものだろう。ソーやキャプテン・アメリカ、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー、ドクター・ストレンジ、スパイダーマン、ブラックパンサー、彼らはみな一人の人間や生き物として登場し、ヒーローとしてではなく、まずはひとつの存在として喜び、悲しみ、葛藤しながら戦いに臨んでいくのだ。MCUが現在ほどの存在感を放つ以前から、その精神性はトニー・スターク/アイアンマンという存在を通じて示されていたわけである。

またアンソニー監督は、トニーの持つ能力についてもこのように語っている。

「トニー・スタークの能力が魅力的なのは、それが彼の心から生まれているからなんです。彼の科学に関する知識、技能、知性、願いに由来している。だから人物の変化を追いかけられるし、能力を使うことで彼が成長し、よりよい人物になっていくのを見ることができるんですよ。」

マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長は、『アベンジャーズ』第4作をもって「10年以上にわたる22本の映画には決定的な結末がやってくる」と述べた。すなわちトニー・スターク/アイアンマンの物語にも、ある意味でひとつの結末が与えられるに違いない。演じるロバート・ダウニー・Jr.は同作をもってマーベル・スタジオとの出演契約を満了し、その後、ロバートがトニー・スタークとして再び登場するかはまだわからない。

映画『アベンジャーズ』第4作は2019年5月3日に米国公開予定。『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』MovieNEXは2018年9月5日発売。

Source: WIRED

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly