『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』世界興収20億ドル突破、公開48日目で ― 史上第4位の成績に、日本でも大健闘

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の集大成、映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)の全世界興行収入が2018年6月11日(米国時間)に20億ドルを突破したことがわかった。4月25日に韓国やオーストラリアで劇場公開されてから48日目の達成であり、6月11日時点の興収成績は20億205万9,331ドル(推定)。日本円で約2,214億円(1ドル約110円換算)だ。

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は、この時点で世界興収の歴代第4位の成績を誇っている。第1位は『アバター』(2009)の27億8,800万ドル、第2位は『タイタニック』(1997)の21億8,750万ドル、そして第3位は『スター・ウォーズフォースの覚醒』(2015)の20億6,820万ドルだ。
したがって本作はディズニーにとって、『フォースの覚醒』に次いで史上2本目の“20億ドル超え”作品となる。『フォースの覚醒』を超えて史上第3位に上れるかどうかは判断が難しいようで、「超えるかもしれないし、超えないかもしれないし」(米Collider)という予想がなされているところだ。


また『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の米国興収は6月11日(米国時間)時点で6億5,606万ドル(推定)を記録しており、これは歴代5位にあたる。忘れてはならないのは、MCUの前作にあたる『ブラックパンサー』(2018)が歴代第3位にランクインしていること、今も成績を伸ばし続けて7億ドルを突破する可能性が濃厚であることだ。したがって米国においては、『ブラックパンサー』がMCUの王座を譲らなかったわけである。

同日の時点で海外興収は13億4,600万円(推定)となっており、この記録は歴代第3位。米Deadline誌によれば、すぐれた成績を示したのはイギリス(9,510万ドル)と韓国(9,280万ドル)の2ヶ国。その後、ブラジル(6,590万ドル)、メキシコ(5,990万ドル)、オーストラリア(4,630万ドル)、フランス(4,530万ドル)、インド(4,360万ドル)、ドイツ(4,340万ドル)、ロシア(3,440万ドル)と続く。
ちなみに同誌によると、本作の日本における興収記録はロシアに次いで3,360万ドルを記録しているとのこと。国内ランキングでは『名探偵コナン ゼロの執行人』(2018)に勝てなかったものの、世界と比較してもこの結果は大健闘といえるだろう。どうか、次回作も世界と同時公開でお願いします…!

 

これまで『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は、4月27日の米国公開後、3日間のオープニング興収で『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を抜いて史上最高記録を樹立。さらにわずか11日間で世界興収10億ドルを突破して最短記録を更新した。2019年公開『アベンジャーズ』第4作(正式タイトル不明)は本作が示した数字の数々を超えられるのか、そのあたりも大きな見どころになりそうだ。

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日より全国の映画館にて公開中。日本での劇場上映は6月21日(木)をもって一斉に終了するとのこと、劇場での見納めはお早めに!

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』公式サイト:http://cpn.disney.co.jp/avengers-iw/

Sources: Deadline, Variety, Collider, Box Office Mojo

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。