Menu
(0)

Search

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』米国にて新あらすじ公開!「究極の、そして史上最悪の対決」

アベンジャーズ
© Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータ イメージ

2017年11月29日、映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の米国版予告編が公開された。米マーベル・スタジオは、同時に本作の新たなあらすじを公開している。

とはいえ秘密主義を徹底することで知られるマーベル・スタジオは、「あらすじ」とはいっても、その物語の内容を具体的に示すことはない。2017年5月に公開された第1弾あらすじでは、サノスが6つのインフィニティ・ストーンを求めていること、地球の存在が危ぶまれることのみが語られていたのである。

新あらすじ、ただし詳細は依然不明

米国の複数メディアは、マーベル・スタジオが発表した新しいあらすじを紹介している。

マーベル・シネマティック・ユニバースを生み出し、広げていった、10年間にわたる前代未聞の映画の道のりで、マーベル・スタジオの『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は、究極の、そして史上最悪の対決をスクリーンにもたらします。アベンジャーズ、またスーパーヒーローの協力者たちは、宇宙を終わらせる破壊と荒廃の急襲を前に、強力なるサノスを破るべく、すべてを犠牲にすることを恐れてはならないのです。

本作を監督するのはアンソニー&ジョー・ルッソ。プロデューサーはケヴィン・ファイギが務め、製作総指揮はルイス・デスポジート、ヴィクトリア・アロンソ、マイケル・グリロ、スタン・リーが担当します。クリストファー・マルクス&スティーヴン・マクフィーリーが脚本を執筆しました。
『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年5月4日に米国公開されます。

もはや第1弾あらすじの方が内容がよくわかるほどの記述だが、やはり特筆しておきたいのは「究極の、そして史上最悪の対決」というフレーズだろう。予告編からは不穏な展開が早くもうかがえるが……。

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は、コミック『インフィニティ・ガントレット』を原案として製作されているという。ただし、そのストーリーがどこまで踏襲され、また2019年公開の『アベンジャーズ/エンドゲーム(邦題未定、原題:Avengers: Endgame)』にどう繋がるのかは一切わかっていない。

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日より全国ロードショー

Sources: http://comicbook.com/marvel/2017/11/29/avengers-infinity-war-new-synopsis/
https://screenrant.com/avengers-infinity-war-plot-summary-synopsis-trailer/
© Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータ イメージ

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly