「思わぬ真実と向き合うことになる」 ― 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』キャプテン・アメリカは「危険な状態」に

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)の製作チームは、キャプテン・アメリカにさらなる試練を用意しているのかもしれない。同作の脚本・監督チームが再結集した映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』および『アベンジャーズ』第4作(正式タイトル不明)で、スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカは思わぬ真実を知ることになるという。

『アベンジャーズ』第4作は、2008年に始まったマーベル・シネマティック・ユニバースに大きな区切りを付ける作品だ。多くの出演者がマーベル・スタジオとの出演契約を同作で満了し、キャプテン・アメリカ役のクリス・エヴァンスは役柄からの卒業を明言している
しかし米ScreenRantによれば、脚本家のクリストファー・マルクスは、同作をキャプテン・アメリカにとっての「エピローグ」とは捉えていないようだ。

「僕は(『アベンジャーズ』2作品を)エピローグだとは言いませんよ。これはキャプテン・アメリカにとって史上最も厳しい戦いで、彼は思わぬ真実に向き合うことになるのかもしれません。」

思えば『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』で、想像を絶する事実を突きつけられたのはトニー・スターク/アイアンマンの側だった。二人の対立関係は『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』でも継続するものとみられるが、今度はスティーブが予期せぬ現実を知ることになるのかもしれない……。

ちなみに米USA Today誌にて、演じるクリス・エヴァンスはキャプテン・アメリカに秘められた「危険性」を示唆している。

「彼は禁欲的な人物で、自分自身について、すごく日常的なところを大切にしているんです。朝起きた時には必ず習慣があると思うんですよね。根本的に、自分の健全さを保っておくところがあるというか。でも(『シビル・ウォー』を経て)それが少し失われてしまった。思いやりがなくなったわけじゃない、でも責任から手を引いたんですよ
でも僕は、重大な危険人物であることは彼の本質じゃないと思うんです。堅苦しくないという点もそうですね。そういうところを彼は一旦すべて切り離して、しばらく自分自身の中にこもっている。その結果として、彼はちょっと不遜で、少し危険な状態ですらあるんですよ。」

かつてないキャプテン・アメリカ像と、まだ彼の知らない「思わぬ真実」。この二つが結びついた時、物語はどんな展開を迎えるのだろうか?

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日より全国ロードショー

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』公式サイト:http://cpn.disney.co.jp/avengers-iw/

Sources: SR, USA Today

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。