『インフィニティ・ウォー』に一番深くつながる映画は『アントマン&ワスプ』 ― 監督と脚本家がマーベルの作り方語る

2018年4月公開の映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』、そして2019年公開『アベンジャーズ』第4作(正式タイトル不明)という超大作2本の間には、マーベル・シネマティック・ユニバース作品が2本待機している。ひとつは『アントマン』(2015)の続編である『アントマン&ワスプ(原題:Ant-Man and the Wasp)』、もうひとつがブリー・ラーソン主演の『キャプテン・マーベル(原題:Captain Marvel)』だ。

いまや作品同士のつながりを強固なものとしつつあるマーベル・シネマティック・ユニバースにおいて、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』はどんな結末を迎え、そして『アベンジャーズ』第4作はどんなオープニングから幕を開けるのか。おそらくそのヒントとなりうるのが、この2作品であろう。
アンソニー&ジョー・ルッソ監督は、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』に一番深くつながっている作品が『アントマン&ワスプ』であることを一切隠していない

『アントマン&ワスプ』、物語の時系列はどこか?


2017年夏、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の撮影現場にて行われたインタビューで、ルッソ監督は本作とほかの単独映画シリーズの関係について尋ねられている。すると二人は、それぞれの作品の独立性を改めて強調しながらこう述べたのだ。

ジョー: (物語の)プロットという観点でいくと、なんらかの必然性があって、おそらく『アントマン&ワスプ』には共有する要素があるでしょうね。

アンソニー: でも言えないんですけどね

『アントマン&ワスプ』の米国版予告編を観るかぎり、同作に闇の帝王サノスの気配はない。『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の予告編で街並みが激しく破壊されていることを鑑みると、おそらく物語の時系列にズレがあるとみてよさそうだ。そもそも主人公のスコット・ラング/アントマンは、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)を経て警察の監視下に置かれるようなのである。

では『アントマン&ワスプ』は、いかにして『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』と『アベンジャーズ』第4作をつなぐ役割を果たすことになるのだろうか。シリーズ2作品の脚本を執筆したクリストファー・マルクス&スティーヴン・マクフィーリーは、一連のストーリーを紡ぎ出すマーベルの“やり方”を明かしている。

マルクス: どうやって、この手の映画がしばしば陥る罠にハマらないようにするかです。(作品同士で)お互いを煽り合って、結局作品が独立しなくなってしまうというね。しかし、それぞれが独立しすぎたものもダメだし、一方でユニバース全体をめぐる血流は必要になるわけですから。

マクフィーリー: ペイトン・リード(『アントマン&ワスプ』監督)と彼の脚本家チームは作りたい映画を作りますよ。僕たちがお願いしたのは、“そうなるとうれしいんですけど…映画の最後であの人はいい感じ?”ってことくらいでしたね。誰もが常に全力で最高の映画を作ってるんです。『ブラックパンサー』や『キャプテン・マーベル』も同じですよ。みんなが作るべき映画を作る。今回みたいな特別なケースでは、冒頭と結末についてごく小さな提案をするくらいです。

ここでマクフィーリーの語っている方法が最も顕著に現れたのが、『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)のポストクレジットシーンや『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(2017)のネビュラに関する展開だろう。こうした方法で『アントマン&ワスプ』も、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の要素を組み入れながら、つづく『アベンジャーズ』第4作へとバトンを渡すことになるとみられる。

そういえば『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のプロモーションにおいて、アントマンはホークアイと同じく、あるいはそれ以上に姿を現していない。サイズが小さいからなのか、それとも本作にあまり登場しない特別な理由があるのか。真相は各作品の公開まで待つことにしよう。

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日より全国ロードショー。『アントマン&ワスプ』は2018年7月6日に米国公開予定だ。

Sources: SR(1, 2
© Walt Disney – Marvel Studios – Big Talk Productions 写真:ゼータ イメージ

 

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。