Menu
(0)

Search

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』新メイキング映像公開!未曾有のチームアップ、その舞台裏を出演者が語る

映画アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーの新メイキング映像「Family」が、マーベル・スタジオの公式YouTubeチャンネルにて公開された。
初公開となる本編映像や、撮影風景を収めたメイキング、出演者のインタビューによって構成された充実の2分12秒。本編の内容をなるべく知りたくないという方以外は、決してお見逃しのないように!

ソー&スター・ロード、スカーレット・ウィッチ&オコエ

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』最大の目玉は、なんといってもアベンジャーズとガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのクロスオーバーだ。本映像はその象徴ともいうべき、ミラノ号の中で気を失っているソーをガーディアンズのメンバーが囲むシーンから始まる。ソーに向かって鼻をクンクンするロケットにまずは注目だ。
スター・ロードが「なんでコイツ生きてるんだ?」と疑問に思えば、ドラックスは「コイツじゃない、コイツじゃない。ハンサムで、たくましい男だ」と指摘。「俺もたくましいよ」とスター・ロードが答えると一同は爆笑……そう、これはNGシーンの風景である。

スター・ロード役のクリス・プラット、ソー役のクリス・ヘムズワースという“Wクリス”のコンビが本映像では実現。
「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのメンバーとアベンジャーズに合流できて、世界を守れてうれしい」と語るプラットに、ヘムズワースは「もうアベンジャーズの一員なの?」と一言。プラットが「どうかな、三番手ってところかも」と答えると、ヘムズワースは「どうも、創立者の一人です」と返して……二人のユーモアが炸裂するコメントは、プラットの筋肉に触ったヘムズワースが「たくましい」と呟くところで終わる。

また本作では、『アイアンマン』シリーズのレギュラー陣であるトニー・スタークとペッパー・ポッツ、運転手ハッピー・ホーガンの3ショットが復活。ペッパーを演じるグウィネス・パルトロウは、「ほかの誰よりも、この二人と一緒に仕事できることが幸運ですよ。私たち3人には特別な友情があって、10年以上も一緒にやってきてるんですから」と話す。

今回のメイキング映像で、思わぬサプライズとして判明したのが、エリザベス・オルセン扮するスカーレット・ウィッチと、『ブラックパンサー』(2018)で強い印象を残したドーラ・ミラージュ隊長オコエのコラボレーションだ。
マーベル・シネマティック・ユニバースへの参加について、エリザベスは「みんなの成長や変化に立ち会えることが最高の経験」と述べ、またオコエ役のダナイ・グリラは「エリザベスとの仕事はすごく、ほんとに最高でした。カッコいいことをする女性を演じられるのはすごく良いことだし、女性たちみんなが本当に素晴らしい。良い時間を過ごしてますよ」と語る。

豪華スターたちの舞台裏

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の見どころは、もちろん豪華スターがスクリーンで共演することそのものにもある。舞台裏も充実しているようで、ネビュラ役を演じるカレン・ギラン「撮影現場でみんなと過ごせるのが、この仕事で一番最高なところのひとつ。超巨大な家族って感じなんです」と感想を述べている。
ちなみに映像としては、吹っ飛ばされるスター・ロード&ドラックス&ネビュラや、ドクター・ストレンジのマントを着用するロバート・ダウニー・Jr.の姿に要注目だ。単なるオフショットとは思えないが……?

そんな中、キツめのジョークを繰り出すのはドクター・ストレンジ役のベネディクト・カンバーバッチだ。「(クリス・)プラットと仕事したかったんですよ、楽しい人だと思ってたんで。……僕が完全に間違ってました、彼は面倒だし、つまんないし、特に楽しくないですね。」
そして映し出されるのは、ストレンジの作り出すリングに背中から飛び込むスター・ロード。この絵面だけですでに十分楽しいではないか……!

アイアンマン役のロバート・ダウニー・Jr.は、初共演となるカンバーバッチとのエピソードをこのように振り返る。「最初、カンバーバッチとどんなことができるのかわからなかったんですよ。そのあと現場の内外で一緒に過ごして、僕はもう大好きになりましたね。」
そんなロバートへの思いを明かすのは、ハルク役のマーク・ラファロだ。「ロバート・ダウニー・Jr.の来た道のりについて考えてたんですよ。彼がすべての始まりですから。」

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は、2008年『アイアンマン』に始まったマーベル・シネマティック・ユニバースの集大成だ。ロバートはユニバースについて、「まさに人生をかけた冒険です。ちょっと何も考えられなくなっちゃいますね、僕は恵まれてますよ」と語った。

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日より全国ロードショー。10年にわたって描かれてきたストーリーはもちろんのこと、舞台裏で俳優たちが生み出してきた関係性などにも注目すると、きっと作品をより濃厚に楽しめるに違いない。

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』公式サイト:https://marvel.disney.co.jp/movie/avengers-iw.html

[お詫び]
記事初出時、本文の人名表記に一部誤りがございました。現在は訂正しております。謹んでお詫び申し上げます。

Source: Marvel Studios

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly