『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』音楽作業完了、いよいよ完成間近か ― 大御所作曲家が「かつてない体験」と語る

マーベル・シネマティック・ユニバース10年間の集大成、映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の完成が、いよいよ間近に迫ってきたようだ。作曲家のアラン・シルヴェストリが、音楽作業をすべて終えたことを報告している。

このたび、アランは米The Hollywood Reporter誌の特集記事に登場。2018年3月末に行われたインタビューにて、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の作業が「昨日終了した」と述べたのだ。


「変な感じですよ、全部バタバタしてる感じで、まだゴミも片付いてないんです。『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の作業が昨日終了しました。今までにやったどんな作品とも、まるで違う体験になりました。特に(音楽の)アプローチや、雰囲気がガラリと変わるのを成立させるという点でね。」

“マーベル・シネマティック・ユニバースといえばこの音楽”ともいうべき『アベンジャーズ』(2012)のメインテーマは、何を隠そうアランの手によるもの。『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011)でも腕をふるった彼は、本作で実に6年ぶりのユニバース登板を果たしたことになる。
しかし、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズや『フォレスト・ガンプ/一期一会』(1994)など数々の名作映画に音楽を与えてきた大御所のアランをもって、過去の仕事とは「まるで違う体験だった」と言わしめた本作での仕事とはいったい……。

なお音楽作業が終わったということは、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の製作もかぎりなく終わりが見えてきたといえそうだ。まもなく豪華スターと監督による世界規模のプロモーション・ツアーも始まるわけで、すでにひっそりと完成を迎えている可能性もある。

 

ちなみにアラン・シルヴェストリは、スティーヴン・スピルバーグ監督作品『レディ・プレイヤー1』(4月20日公開)でも音楽を担当。日本ではアランの携わった新作映画が2週連続公開されるという、非常に珍しいケースとなっている。ぜひ映画館に足を運び、その仕事ぶりを最高の環境で聴いてみてほしい。

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日より全国ロードショー

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』公式サイト:https://marvel.disney.co.jp/movie/avengers-iw.html

Source: THR

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。