Menu
(0)

Search

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』上映時間情報が更新 ― 約7分短縮の149分に変更へ

https://www.cineplex.com/Movie/avengers-infinity-war スクリーンショット[2018/04/15 13:30]

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の上映時間について、新たな情報が入ってきた。
アイルランドの映画審査機構IFCO(Ireland Film Classification Office)や北米の複数の映画館チェーンによれば、本作の上映時間は2018年3月8日に発表された「156分」という情報から約7分短縮され、149分(2時間29分)に変更されているようだ。

英IFCOは、2018年4月13日(現地時間)に『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の審査を完了。ウェブサイトには上映時間として「149分9秒」と記されている。

http://www.ifco.ie/website/IFCO/ifcoweb.nsf/SearchViewFilm/4DF0089D45A904518025826E0045752B?OpenDocument&OpenUp=True スクリーンショット[2018/04/15 13:30]

このほか、常に信憑性の高い上映時間情報を掲載する米AMCシアターズのウェブサイトには「2時間30分」の表記、同じくカナダにあるCineplexのウェブサイトにも「2時間30分」の表記が確認できる。AMCシアターズは2018年3月8日、上映時間を「156分(2時間36分)」と発表していた。情報に変更が加わったということは、スタジオ側からなんらかの通達があったとみてよいだろう。
なお本記事では、約1分の違いは誤差の範疇とみて、本記事では公的機関にして最も具体的な情報を提供したIFCOの情報を採用している。

https://www.amctheatres.com/movies/avengers-infinity-war-45873 スクリーンショット[2018/04/15 13:30]
https://www.cineplex.com/Movie/avengers-infinity-war スクリーンショット[2018/04/15 13:30]

またインドネシアのニュースメディアであるKOMPAS.comは、国内での審査を経て「インドネシア国内での上映時間は149分であり、オリジナルより7分短い」と報じた。しかし、のちに英国・米国でも「149分」という情報が出された以上、これはインドネシア国内に限ったものではない。むしろインドネシアの審査機構も、本作の上映時間が149分であると認めているわけだ。

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』については、本編から重大要素が一部削除されたことが明かされていた。今回の上映時間変更が、この削除によるものか、それとも別の理由に起因する再編集によるものかはわからない。
ちなみに上映時間が149分となった場合でも、本作は『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)の147分を抜いてマーベル・シネマティック・ユニバース史上最長となる。

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日より全国ロードショー

Sources: IFCO, AMC, CinePlex, KOMPAS
Eyecatch Image: CinePlex スクリーンショット[2018/04/15 13:30]

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly