ルーク・スカイウォーカー役マーク・ハミル、『スター・ウォーズ』から卒業の意志語る ― 「先へ進む時だ」

1977年『スター・ウォーズ』第1作から永遠の主人公ルーク・スカイウォーカーを演じてきた俳優マーク・ハミルが、ついに『スター・ウォーズ』卒業の意志を明かした。『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)、そして『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2017)での本格再登場を経て、いよいよマークはシリーズを去る決意を固めたのかもしれない。英Games Radarのインタビューで語った。

注意

この記事には、映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のネタバレが含まれています。

『スター・ウォーズ』から「先へ進む時」


先日マークは、もはや『スター・ウォーズ』の新作映画に出演する気があまりないことを明かしていた。当時は「もうそれほど関心がないんです」と述べていたわけだが、どうやら、今ではシリーズ卒業に積極的といってすらよさそうである。

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2017)で命を燃やし尽くしたルークについて、ファンや海外メディアは、完結編『エピソード9(仮題)』にルークがフォース・ゴーストとして登場する可能性を頻繁に尋ねてきた。しかしマークは、そうした未来を思い描いてはいないという。

「(『エピソード9』については)一切考えていません。語られるべきルークの物語は終わったと思うんです。これ以上、僕に何ができるんでしょうか? (『スター・ウォーズ』から)気持ちを切り離していかないとな、と思ってますよ。」

こう述べている一方、『最後のジェダイ』の撮影終了後すぐ、マークはフォース・ゴーストとしてのルークを再び演じることを考えていたようだ。

「僕にとって大きかったのは、(『フォースの覚醒』で)ハン・ソロが殺されてしまったこと。もうハリソン・フォードとは一緒に仕事できない、ルークは二度とハンに会えないんですよ。つらかった、あれがメンバーを失った最初のショックでしたね。
それから(『最後のジェダイ』で)ルークにもある事が起こった。フォース・ゴーストとして復活することを考えていた当時は、“よし、次だ”って言ってたんですが、現実にキャリー・フィッシャーが亡くなってしまって。もう元には戻れないんだ、と。あれが僕にとっては、(『スター・ウォーズ』から)先へ進む時だという確かな暗示でしたね。」

 

ここでマークが語っているのは、もはや『スター・ウォーズ』再登板への関心についてではなく、マーク・ハミルという俳優の人生と『スター・ウォーズ』という作品の関係性だろう。ハリソンとキャリーがシリーズを去った現在、マークも再び『スター・ウォーズ』を離れる決心があるのかもしれない。そもそも新3部作への出演をマークが決意したこと自体、ハリソンが『フォースの覚醒』の出演にサインしたことだったのだ

また、新3部作の完結編となる『エピソード9』は2018年7月末から撮影されることがわかっており、もしルークが『エピソード9』に登場するのであれば、すでにその出演オファーや準備は進んでいるものとみられる。このタイミングでマークが「先へ進む時」だとわざわざ述べたということは、おそらく『エピソード9』に出演する可能性は低そうだ。とはいえ、2019年の12月に舌を出しながら人々の前に現れるマークの姿を期待したくなってしまうのだが……。

ちなみにマークは『最後のジェダイ』のラストシーンに触れながら、「僕らがいなくなっても、ここから永遠に映画が作られるんでしょうね」述べ、今後、若き日のルーク・スカイウォーカーをCGで復活させることにも前向きな姿勢を示している。したがってマークが本当に『スター・ウォーズ』を卒業したとしても、ルークが引き続き映画に登場する可能性はあるわけだ。ただし、それをファンが本当に望んでいるかどうかはまた別の問題だろう。

Source: Games Radar
写真:ゼータ イメージ

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。