【ネタバレ】どうなる『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』続編、「予想通りにはいかない」脚本家が結末の裏側を解説

いくらなんでも気になる発言が多すぎる…!

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の脚本を執筆したクリストファー・マルクス&スティーブン・マクフィーリーは、米BuzzFeedのインタビューで本作の結末や執筆の裏話を次々に明かした。息をもつかせぬ展開で観客をラストまで誘った本作だが、すでに2019年公開『アベンジャーズ』第4作(正式タイトル不明)の本撮影は終了済み。そう、本作と次回作の脚本は同時に執筆されていたのだ。


ヒーローたちはこれからどんな戦いを繰り広げるのか、そして観客は何を見ることになるのか? 続編やマーベル・シネマティック・ユニバースの今後が気になってしかたがないあなたへ、脚本家二人による“問題発言”の数々をお届けすることにしよう。

注意

この記事には、映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のネタバレが含まれています。すでに作品を鑑賞された方向けの内容となりますのでご注意下さい。なお、このページをSNSにてシェア頂く際は、記事内容に触れないようお願い致します。

アベンジャーズ インフィニティ・ウォー

© 2018 MARVEL


消滅・死亡したキャラクターは甦るか?

きっと多くの観客はあぜんとしたに違いない。インフィニティ・ストーンをすべて集めたサノスの“指パッチン”によって、宣言通り全宇宙から生命の半分は消滅した。スパイダーマン、ドクター・ストレンジ、ブラックパンサー、ファルコン、スカーレット・ウィッチ、バッキー、そしてロケットとネビュラを除いたガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのメンバーがみるみるうちにいなくなってしまったのだ。さらに、ガモーラやヴィジョン、ロキ、ヘイムダルはサノスの手によって命を奪われてしまった。

マーベル・シネマティック・ユニバースにおいて、これほどの衝撃はかつてなかった。親しんできたヒーローたちがあっという間に消えてしまうのを目の当たりにして、もはやファンたちは本作を観る以前には戻れないのである。しかしこの結末を用意した脚本家の一人、クリストファー・マルクスは「みなさんにこれほどのダメージを与えるとは思っていませんでした」とうそぶく。

本作の結末を、製作チームは初期段階から構想していたそうだ。ヒーローとサノスの対決がどうなるかという次元ではなく、彼らは物語を「より決定的なところまで推し進めたかった」という。この結末を決断した理由を、もう一人の脚本家スティーブン・マクフィーリーはこう語った。

「これはサノスというヒーローの物語です。ヒーローの物語が終わる時、主要人物や主人公は――少なくとも今回の場合――欲しいものを手に入れるんですよ。」

すなわち『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』とは、サノスというヒーローが、自身の目的を阻止しようとするアベンジャーズをはじめとしたヴィランを圧倒して終わるストーリーだったのだ。では完全なる敗北を喫したマーベル・ヒーローたちは、ここからどうやって戦いを続けることになるのだろうか。消えてしまったキャラクターはどのように甦るのだろう?

 

「どのように甦るのだろう」と、早くも復活を前提に話を進めてしまうのには理由がある。なぜならマーベル・スタジオは、スパイダーマンやガーディアンズ・オブ・ギャラクシー、そしてブラックパンサーの続編映画をすでに進めているのだ。一度は消滅してしまったものの、彼らが今後もスクリーンで活躍することは決定済み。したがってなんらかの方法で復活を遂げることはおおよそ間違いない……だが、本当にそうなのか。

驚くべきことに、脚本家二人は『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の執筆にあたってユニバースの今後を一切検討しなかったことを明かしている。マクフィーリーは「どうやって他の作品を製作するのかを考えてたら、映画は作れません」、マルクスも「結末をできるだけ衝撃的にしたかったんです。慎重に脇役を退場させていては手加減になってしまう」と語るのだ。
つまり彼らに与えられた課題は、あくまで『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』という作品を最高のストーリーにすることだけ。マーベル・スタジオの目論見が読めない以上、スパイダーマンやブラックパンサー、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーがどこへ向かっていくのかはまだわからない。

さらに気になるのは、来たる『アベンジャーズ』第4作の展開だろう。指パッチンで消滅したキャラクターはもちろん、サノスの手にかかって死んでしまったキャラクターはどうなってしまうのか。マルクスは、これについても不穏なコメントを残しているのである。

(第4作は)みなさんが思っているような展開にはなりません。みなさんの予想とは異なる映画ですよ。……それに、(登場人物の死は)本物です。起こったことは現実なんだとお伝えしたいですね。早く受け入れていただけるほど、喪の作業は早く進むと思います。」

この発言に対して、マクフィーリーもさらに言葉を重ねる。

「(『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は)かなり大人向けの大作映画だと思います。楽しいところもいっぱいありますけど、明らかに大人向けじゃないかと。次回作も同じく大人向けの内容ですよ。僕たちの選択がうまくいけば、驚いたり楽しんだり、のめり込んだりしてもらえると思います。」

ただし、マルクスがこのように付け加えたことも忘れてはならない。「(『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』では)みなさんを悲しませてしまいました。今度はビックリさせるつもりです!」

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日より全国の映画館にて公開中。『アベンジャーズ』第4作(正式タイトル不明)は2019年5月3日米国公開予定だ。

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』公式サイト:http://cpn.disney.co.jp/avengers-iw/

Source: BuzzFeed
© Marvel Studios 2018

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。