Menu
(0)

Search

【ネタバレ】『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』終盤、なぜスパイダーマンだけが違う反応を見せたのか

スパイダーマン:ホームカミング
© 2017 Columbia Pictures Industries, Inc. and LSC Film Corporation. All Rights Reserved. | MARVEL and all related character names: © & ™ 2017 MARVEL.

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018)では、アイアンマンやキャプテン・アメリカといったおなじみのメンバーに加え、トム・ホランド演じる新人ヒーローのスパイダーマン/ピーター・パーカーも大きな活躍を見せた。そんなスパイダーマンは物語の終盤で「ある状態」に置かれた際、他のメンバーと一人だけ異なる言動をとっている。この理由について、同作を監督したルッソ兄弟がHuffington Postによる最新のインタビュー内で明かした。

注意

この記事には、映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のネタバレが含まれています。すでに作品を鑑賞された方向けの内容となりますのでご注意下さい。なお、このページをSNSにてシェア頂く際は、記事内容に触れないようお願い致します。

アベンジャーズ インフィニティ・ウォー
© 2018 MARVEL

6つのインフィニティ・ストーンを手にしたサノスは、指を鳴らして全宇宙の生命体を半分にまで消滅させてしまった。ヒーローたちもまた、何が起こったのか分からない中次々と塵となって消えていく。その中で一人、スパイダーマンことピーター・パーカーだけは「気分が悪い、何が起こるんだ」と、自らの身に起きる異変を直前に予知しているかのような言葉を残していたのだ。

これについてインタビュアーが「スパイダーセンス(危険を予知する第六感)があったからですか」と質問すると、ジョー・ルッソは「正解です。彼は何かを予知していたんです」と認めた。

残念ながら、迫る危機を察知することは出来たものの、為す術はない。ピーターは、父親代わりの存在だったトニー・スタークの腕の中で「行きたくないよ」と訴えながら消えてしまった。なおこのシーンは、俳優陣による即興の演技だったということである。

Source: Huffington Post

Writer

まだい
まだいEriko

日々筋トレに励んでいます

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly