Menu
(0)

Search

トニー・スタークとスティーブ・ロジャース、『シビル・ウォー』以降の関係は?「二人とも、まだ気持ちが切り替わっていない」

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
(c)2018 MARVEL

映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)で、トニー・スターク/アイアンマンとスティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカの間には“ある亀裂”が入った。その後、二人の間に生まれた溝はどうなったのか……。
マーベル・シネマティック・ユニバースの集大成、映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のトニーとスティーブについて、キャプテン・アメリカ役のクリス・エヴァンスが語った。

注意

この記事には、映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の内容、および『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』のネタバレが含まれています。

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』より (c)2018 MARVEL

アイアンマンとキャプテン・アメリカ、独特にして特別な関係

2017年夏、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の撮影現場で行われたインタビューで、エヴァンスは「本作でトニーとの関係はどうなっていますか?」と尋ねられた。すると彼は、「(トニーとスティーブは)お互いを恨むような人間ではないと思います」と答えている。

「僕たち(トニーとスティーブ)はきちんと分けて考えられると思うんです。自分たちの行動の多くについて、理にかなった方法を取って、感情を現実に作用させたりはしない。(『シビル・ウォー』から)数年経ちましたが、二人とも、気持ちが切り替わっていない部分や、思い出さないようにしていることはあるのかもしれませんね。」

アンソニー&ジョー・ルッソ監督によれば、本作は『シビル・ウォー』から約2年後を舞台とした物語になるという。2017年11月に公開された予告編では、『シビル・ウォー』のラストでスティーブから届けられた携帯電話をトニーが握っているらしい様子も映し出されていたが、この2年で電話が使われたことはあったのか……。

米国で刊行されたコミック「Marvel’s Avengers: Infinity War Prelude」では、トニーとスティーブの“その後”が描かれている。そこで説明されているように、またブラック・ウィドウ役のスカーレット・ヨハンソンが語っているように、キャプテン・アメリカとブラック・ウィドウらは『シビル・ウォー』以降、周囲から悟られないように反テロ部隊の活動へ参加しているのだ。

対立をきっかけに分裂してしまったアベンジャーズだが、キャプテン・アメリカはその状況をどう捉えているのだろう? エヴァンスはスティーブ・ロジャースという人物の“現在地”をこう述べた。

「本質的に、この映画でもキャップはリーダーだと思います。あれからハイテクなアベンジャーズのシステムこそありませんが……どう言えばいいでしょうか。今でも彼は、心の奥底ではリーダーだと思うんですよ。これまでの映画と同じような組織の系統が必要かはわからないですけどね。」

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日より全国ロードショー。
なお、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』は2018年4月14日(土)22:00よりDlifeにて放送される。

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』ウェブサイト:http://marvel.disney.co.jp/movie/avengers-iw.html
Dlife 公式サイト:
http://dlife.disney.co.jp/

Source: ScreenRant
Eyecatch Image: 『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』より (C)2016 Marvel

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条として、海外の映画・ドラマを中心に執筆しています。日本国内の映画やアニメーションも大好きです。国内舞台作品の執筆・創作にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly