棚の中に映画のワンシーンをギュギュっと再現!コレが噂の『棚ジオラマ・アート』!

『ジオラマ』(diorama)というものは、今も昔も実に心ときめくものである。しかし、この『ジオラマ』という言葉がフランス語だということを、ぼくは今まで知らなかった。

『ジオラマ』の歴史

ジオラマの起源は、19世紀初頭、フランスの舞台背景画家であり、史上初めて実用的な写真技術を完成した人物として知られるルイ・ジャック・マンデ・ダゲール(Louis Jacques Mandé Daguerre)が、新古典主義を代表する画家ジャック=ルイ・ダヴィッド(Jacques-Louis David)の弟子であるシャルル・マリ・プートンと共に、従来の『パノラマ』に代わる新たな投影装置を開発し『Diorama』と名付けたのが最初だと言われている。そして『ジオラマ』という言葉自体は、明治時代に入ってきたフランス語由来の外来語であり、フランス語発音に基づいた『ディオラマ』や、英語発音に基づいた『ダイオラマ』と呼称表記される場合もある。

さて、南米ペルーのリマ出身で、現在カリフォルニア州のパームデールを拠点に活動している映画監督であり、ジオラマ・アーティストでもあるジャック・ベンツロ(Jack Venturo)さんの、アクション・フィギュアを使ったジオラマ作品を、今回の話題に取り上げてみたいと思う。

ベンツロさんは若い頃から映画などのアクション・フィギュアを蒐集していたそうなのだが、そのフィギュアたちを棚において鑑賞するだけでは飽き足らず、その映画のシーンを再現するために棚の中をまるごとジオラマにするというジオラマ作りをはじめたという。ちなみに最初に制作したのは15歳の時、お気に入りの映画だったヴィクター・フレミングの『オズの魔法使』(The Wizard of Oz)だそうである。

では、そんなベンツロさんの作品をいくつかご紹介しよう。

『オズの魔法使』(The Wizard of Oz

まずは前述した記念すべき第一作目、15歳の時に制作したという『オズの魔法使』である。

The Wizard of Oz

http://jackorama.com/dioramas/private-collection/the-wizard-of-oz/

すごい、たしかに棚の空間を使ったジオラマになっている。部屋の中にこんな棚があったら相当テンションが上がるはずである。まだ15歳ということもあり稚拙な影はありつつも、作品の雰囲気を見事に表現していると感じる。空の彼方の虹の上にメトロ・ゴールドウィン・メイヤー(Metro-Goldwyn-Mayer Inc.、MGM)のトレード・マークが浮かんでいるあたりも、なんだかシュールでおもしろい。そして見切れてはいるが、棚の上下にも気になるジオラマが写り込んでいる。上段はフランクリン・J・シャフナーの『猿の惑星』(Planet of The Apes)、下段はウォシャウスキー兄弟の『マトリックス』(The Matrix)。

この写真の感じ、「上下の全貌が見たいよ!!!」という、すっごいオアズケ感があるし、異常に興味をソソられるあたり、グッと来るなあ、あえてのこの画角とトリミングかな・・・。

スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』(Star Wars Episode VI: Return of The Jedi)

アクション・フィギュアでジオラマを制作すると言ったらもちろんコレ、『スター・ウォーズ』、そしてシーンはジャバの宮殿である。

Star Wars

http://jackorama.com/dioramas/private-collection/jabbas-palace/

いったいこの場所が自宅なのかどうかは不明であるが・・・、やはり棚。これたぶん、制作している本人が一番興奮してるんだろうなあというのが、目に浮かぶ。そしてジオラマも気になるが、その周囲が非常に気なる。家族の写真かのようにルーク・スカイウォーカーの写真が飾られていたり、ロバート・ゼメキスの『フォレスト・ガンプ/一期一会』(Forrest Gump)で登場する『ババ・ガンプ・シュリンプ』のキャップが掛けてあったり・・・。そして下段はやはり別のジオラマ、ピーター・ジャクソンの『ロード・オブ・ザ・リング』(The Lord of the Rings)。

これ普通に自宅の生活空間だったら衝撃だなあ、ちなみに『スター・ウォーズ』のジオラマに使用されているフィギュアは、ぼくも全て持っているし、棚の上のデカいジャバ・ザ・ハットは友達が持っていたので、一時期毎日のように見ていたものだ・・・、なつかしいなあ。

『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(Star Wars Episode IV: A New Hope)

さらに『スター・ウォーズ』から、モス・アイズリー旧居住区の中央に位置するチャルマンの酒場。

Star Wars

http://jackorama.com/dioramas/private-collection/mos-eisley-cantina/

半ば『ロード・オブ・ザ・リング』のジオラマ写真にもなっているけれど、そしてお気付きのように、おそらくはこの棚の一番上の段がジャバの宮殿ジオラマに・・・。さらに衝撃の、下段は引き出し、やっぱり自宅なのかもなあ・・・。

そしてベンツロさんは棚ジオラマだけでなく、販売目的のコンパクトな作品も制作している。

こちらはジョン・マクティアナンの『プレデター』(Predator)。

Predator

http://jackorama.com/

そして今話題真っ只中、ギャレス・エドワーズの『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(Rogue One: A Star Wars Story)もある。

Rogue One

http://jackorama.com/dioramas/sold-dioramas/jedha-a-rogue-one-planet/

こうやって見ていると、たしかにワクワクするし欲しくなる。ただやはり、ジオラマって誰かの制作したものを手に入れるよりも、自分で制作したほうが、ずっと満足度があるのではないかと思う。自宅の棚をジオラマにしてみたくなるよね。

というわけで、ジャック・ベンツロさんの公式なウェブサイトでは他にもたくさんのジオラマ作品が楽しめるし、前述のように販売もしている。またオリジナルの玩具なんかも制作しているので、気になった方はぜひコチラからアクセスしてみていただきたい。

では最後に、アダム・サヴェッジでお馴染みの『Tested』で、パサデナで行われた『DesignerCon 2016』会場での彼に、ノーマン・チャンがインタビューを行っている動画が公開されているので、興味のある方はどうぞ。

Source:http://jackorama.com/

About the author

普段はあまり摂取しないコーヒーとドーナツを、無駄に欲してしまう今日この頃。You know, this is - excuse me - a damn fine cup of coffee.

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。