Menu
(0)

Search

『魔法にかけられて』続編、エドワード王子役ジェームズ・マースデンは「待ってはいない」

魔法にかけられて
© Walt Disney Pictures Photographer: Barry Wetcher 写真:ゼータイメージ

大ヒットを記録したディズニー映画『魔法にかけられて』(2007)の続編『Disenchanted(原題)』の企画が進行中だ。前作の公開直後からファンに熱望されていた本企画について、前作でエドワード王子を演じたジェームズ・マースデンが心境を明かしている。

『ソニック・ザ・ムービー』や「ウエストワールド」シーズン3など、話題作に出演を重ねているマースデンは、米Colliderとのインタビューに登場。「脚本はすでに読みましたか?続編について実際に話は進んでいますか?」と尋ねられた。

脚本は読んでいません。 取り組んでいると聞いてはいますけど。 楽曲(制作)も取り組み始めていることは聞いてます。 関係者何人かからのテキストも受け取りましたよ。 それくらいですかね。 幸運を祈っていますよ。」

Cinemablendによると、前作の発表から3年後の2010年には続編企画が噂されており、2017年にも撮影開始が見込まれていたという。しかし、その間にディズニーの体制変更や社内における企画の優先順位など、様々な問題が重なった結果、現在まで先延ばしにされていた。仮に前作のキャストが復帰となれば13年越しの再演となるわけだが、マースデンは、これまでの企画の滞りについて複雑な心境を抱いているようだ。

「第1作目をやってから何年も経った場所に今はいます。 年を経るごとに私たちは続編について話し合い、その度に私は期待を寄せていますが、一向に実現しません。メンバーが再び集結することはとても楽しいことだと思うので、計画が再び活気づくのをみることは嬉しいことです。 けれど、私はそれを待ってはいないんです、本当に。 現実に起きている他のことに向けて前に進まなければなりません。(続編企画は)実際に起こっているように見えます。 実現しないように見えるとは言いたくないのですが、私は以前にそれでやけどしたことがあります。“一度だけ私を騙したなら君の恥、二度も私を騙したのなら私の恥”ってやつですよ。」

現在は脚本の執筆段階にあるようだが、具体的な情報は出されていない。前作から10年後の主人公ジゼル姫の物語が描かれることになるといい、エイミー・アダムスら出演者の復帰報道が待たれるところだ。なお、続編の監督を務める『ヘアスプレー』(2007)「glee/グリー」(2009-2015)などで知られるアダム・シャンクマンは、2020年3月上旬に脚本の写真を自身のInstagramに投稿しており、製作が進行していることを示唆した。さらに、ディズニー映画音楽の“レジェンド”アラン・メンケンが前作から続投し、すでに楽曲制作も進行しているという。

合わせて読みたい

Source: Collider,Cinemablend

 

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly