Menu
(0)

Search

『X-MEN』ジェームズ・マカヴォイ、コロナ禍題材の新作映画で主演 ─ 不仲夫婦の悲喜劇、『愛を読むひと』監督最新作

ジェームズ・マカヴォイ
Photo by https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/48383689106/

『X-MEN』シリーズや『ミスター・ガラス』(2019)などのジェームズ・マカヴォイ、『ゲーム・ナイト』(2018)のシャロン・ホーガンが、コロナ禍を題材した新作映画『Together(原題)』に出演していることがわかった。既に撮影は終了している模様で、現在は編集作業中のようだ。米Deadlineなどが報じている。

英BBCによる本作では、2020年3月からの現在に至るまでの出来事を背景に、愉快で胸が張り裂けるような一組の夫婦の物語が描かれるという。マカヴォイはコンピューター・コンサルタント会社を経営する自営業者役を演じており、ホーガンは難民の慈善活動家役として登場するとのこと。そんな夫婦の関係は、10歳の息子の存在によってどうにか維持されていた。関係が不安定な夫婦は、新型コロナウイルスによる、ロックダウンという未曾有の現実を通して、自分自身や夫婦の関係性を見直すことを余儀なくされていく。

監督を務めたのは、『愛を読むひと』(2008)『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』(2011)や、ドラマ「ザ・クラウン」(2016-)などのスティーブン・ダルドリー。脚本を執筆したデニス・ケリーは、ドラマ「ユートピア」(2014)「サード・デイ 〜祝祭の孤島〜」(2020)を手がけたことで知られる人物だ。そんなケリーは本作について以下のように説明している。

「お互いに大嫌いなのに、話しかけない、考えない、気付かないふり、コミュニケーションを取らない、同じ部屋で過ごさないという形で、どうにか一緒に生活していく方法を見つけた夫婦が、ロックダウンに直面してしまう様を描いた物語。生きること以外に何の共通点もないふたりが、どのようにして互いの体験を共有していくのか、そして愛するものを憎み、憎むものを愛することが出来るのかという内容になっています。」

一方でマカヴォイは、本作について「陽気で心が込もっていて、楽しくて思わず笑ってしまうような人間関係と、私たちが生きてきたこの1年間に起こった悲劇に直面している夫婦の物語が描かれています」と語っている。なお本作の公開・放送時期は不明だ。

あわせて読みたい

Source:Deadline

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly