Menu
(0)

Search

『ジェイ&サイレント・ボブ リブート』米国版予告編が公開 ─ ベン・アフレック、マット・デイモン、クリス・ヘムズワースらカメオ出演者を探せ

https://www.youtube.com/watch?v=xHvaWulHk5E スクリーンショット

ケヴィン・スミス監督・脚本・主演、カルトコメディ映画『ジェイ&サイレント・ボブ 帝国への逆襲』(2001)のセルフ・リブート版…もとい、続編『ジェイ&サイレント・ボブ リブート(原題:Jay and Silent Bob Reboot)』の米国版予告編が公開された。驚くべきカメオ出演者のつるべ打ち、お見逃しのないように。

米Entertainment Weeklyに監督が語ったところによると、本作は「ジェイとサイレント・ボブが、自分たちがリブートされることを知ってハリウッドに向かい、リブートを止めようとする」物語。いわく、「リメイクやリブート、続編映画の現状に対する意思表示ですよ。業界をおちょくってやります」とのことだ。

ともかく注目すべきは、次々に現れるカメオ出演者の驚くべき顔ぶれだろう。ベン・アフレックがケヴィン監督作『チェンジング・エイミー』(1997)のホールデン・マクニール役を再演するほか、マット・デイモンも『ドグマ』(1999)のロキ役らしき役柄で顔を見せる。また、前作『ジェイ&サイレント・ボブ 帝国への逆襲』から、ジェイソン・リーシャノン・エリザベスも同じ役柄で登場する。

さらに『マイティ・ソー』シリーズでおなじみクリス・ヘムズワースはホログラムで、『アントマン』シリーズのデヴィッド・ダストマルチャンは予告冒頭の警官役で、『マジック・マイク』シリーズや『ジャスティス・リーグ』(2017)のジョー・マンガニエロは警備員役で、『オフロでGO!!!!! タイムマシンはジェット式』(2010)クレイグ・ロビンソンは裁判官役で登場。Netflixマーベル・ドラマ各作品でクレア・テンプル役を演じたロザリオ・ドーソン、『ダイハード4.0』(2007)ジャスティン・ロング、コメディアンのフレッド・アーミセン、ラッパーのメソッド・マンレッドマンも出演している。




とりわけ注目しておきたいのは、『バットマン フォーエヴァー』(1995)のヴァル・キルマーが、バットマンを思わせる「ブラントマン」として、スーツに身を包んで登場することだ。なお、劇中の映画『ブラントマン vs クロニック(Bluntman v Chronic)』で、ブラントマンと戦うクロニックを演じるのは「SUPERGIRL/スーパーガール」(2015-)のメリッサ・ブノワ。もはやワケがわからない。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IT’S A (SUPER) GIRL! The majority of you guessed correctly: @melissabenoist, one of my favorite actresses in the world, indeed takes on the mantle of Chronic in our rebooted #bluntmanandchronic movie within @jayandsilentbob Reboot! (And we gave her some pants *before* the good folks at @supergirlcw!) I have loved working with Me-Me since I “directed” her in my first ep, #supergirllives. Number One on the call sheet sets the tone for the rest of production – and if that Number One is a tool, the set is a miserable place to be. But Melissa is the most exemplary and gracious Number One I ever met. She’s incredibly kind to EVERYONE in the cast and crew and she never complains about the long-ass hours, even when she’s hanging from ropes high above the ground. Then she opens up her mouth to act and you realize she’s that rare complete package in this business: true talent and true warmth. Some actors and actresses have a “process” that can be disruptive or alienating. Melissa doesn’t have to imposition anyone to be good at her job: she’s a natural. So naturally, two years ago, I asked her to be in #jayandsilentbobreboot. Melissa was the first person I asked to be in the flick (aside from @jaymewes and @harleyquinnsmith) and though it took a minute to get to the set, when we rolled cameras, she was Charm City! I saw her in the trailer in costume before we started shooting and the Last Daughter of Krypton gushed “When you asked me to be in the movie, you didn’t tell me I get to wear a cool costume too!” God, I love this kid – she’s the absolute light of the world. (And since her boyfriend is also *my* boyfriend, you might keep an eye out for a @christophrwood cameo too!) You’ll see Melissa’s Chronic and the finished #bluntcave in the #jayandsilentbobreboot trailer when it drops this weekend in Hall H at @comic_con! But until then, check the third pic to see a cameo of an infamous web portal last seen in #jayandsilentbobstrikeback! #KevinSmith #MelissaBenoist #supergirl #cw #arrowverse #JasonMewes #jaymewes #comiccon

Kevin Smithさん(@thatkevinsmith)がシェアした投稿 –

なお、ケヴィン監督によると、本作には過去にバットマンを演じてきた俳優が3人出演しているとのこと。すでにベン・アフレックとヴァル・キルマーが登場しているので、残すところはあと一人だ。実写映画でバットマンを演じた俳優だとすれば、マイケル・キートンか、ジョージ・クルーニーか、あるいはクリスチャン・ベールか?

映画『ジェイ&サイレント・ボブ リブート(原題:Jay and Silent Bob Reboot)』は2019年10月15日より米国公開予定

あわせて読みたい

Sources: EW, Collider, ComicBook.com(1, 2

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条として、海外の映画・ドラマを中心に執筆しています。日本国内の映画やアニメーションも大好きです。国内舞台作品の執筆・創作にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly