Menu
(0)

Search

ジェシカ・ジョーンズとパニッシャー、マーベル・スタジオ作品へ登場可能に ─ 2年縛り契約が終了

Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/36184655765 | https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/36017548472 | CC BY-SA 2.0

Netflixで配信されていたマーベル・コミック原作ドラマのキャラクターより、ジェシカ・ジョーンズパニッシャーの実写映像化権がマーベル・スタジオの元に戻ったと見られる。

ジェシカ・ジョーンズとパニッシャーはNetflixにて「Marvel ジェシカ・ジョーンズ」「Marvel パニッシャー」として単独ドラマ化を果たしていたが、2019年2月に製作終了が発表されている。この契約には「Netflixでの製作終了後(キャンセル後)、Netflix製作でないドラマシリーズや映画には最低2年間登場できない」という縛りがあったが、2021年2月19日(日本時間)をもってちょうど2年が経過した。

既にマーベル・スタジオの元には、ジェシカ・ジョーンズやパニッシャーよりも先に製作終了されていた「Marvel デアデビル」「Marvel ルーク・ケイジ」「Marvel アイアン・フィスト」の権利が、2020年秋に戻っている。ジェシカ・ジョーンズとパニッシャーの“2年縛り”も終了したことで、“ディフェンダーズ”と私刑人フランク・キャッスルの全員が、マーベル・スタジオ実写作品に登場可能となった。

これらNetflix出身のマーベル・ヒーローたちの合流について、マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長は「何事にもありえないことはない」「すべてに可能性はあります」とコメントしている。現時点で確たる情報は伝えられていないものの、マーベル・シネマティック・ユニバースはDisney+(ディズニープラス)配信のドラマ作品でサプライズを仕掛けたり、マルチバースの到来を示唆していたりと、いついかなる時もファンを油断させていない。

もしもNetflixのヒーローたちがMCUに合流できるとしたら?権利上の障壁もクリアになった今、夢の共演の可能性を考えてみるのも楽しい。

あわせて読みたい

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly