映画版『ジャスティス・リーグ・ダーク』ダグ・リーマン監督が降板の理由を明かす「監督することは映画と結婚するようなもの」

コミック『ジャスティス・リーグ・ダーク』の映画版として製作されている『ダーク・ユニバース(原題:Dark Universe)』の監督を降板したダグ・リーマンがその理由をインタビューで語った。リーマンは2016年8月、『X-MEN』のスピンオフ作品である『ガンビット』の監督を降板し、入れ替わりで『ダーク・ユニバース』の監督に就任。短期間での降板となった理由は、既報の通りスケジュールの問題だったという。

映画版『ジャスティス・リーグ・ダーク』からダグ・リーマン監督が降板 話題作『カオス・ウォーキング』と調整ならず

IGNの取材に対して、リーマンは映画『ダーク・ユニバース』を降板した理由をこのように語っている。

「(『ダーク・ユニバース』の)キャラクターや世界観にはすごくワクワクしていたんだ。でも僕はライオンズゲート(映画製作会社)と『カオス・ウォーキング(原題:Chaos Walking)』を製作しているし、その後はトム・クルーズと『オール・ユー・ニード・イズ・キル』の続編をやりたいと思ってる。悪夢のようなスケジュールになったんだよ」

おそらく『ダーク・ユニバース』は、リーマンが今後手がける予定の作品よりも“製作の目処が立たなかった”のか、あるいは条件が芳しくなかったのだろう。もちろん決め手はわからないが、とにかくリーマンは同作からの降板を決断したわけである。

「これが映画を撮ることの問題だよ。プロデューサーは複数の作品を手がけられるが、監督することは映画と結婚するようなものなんだ。そうだろう?」

後任者は2017年版『イット』監督?

なおワーナー・ブラザースは、すでにリーマンに代わる『ダーク・ユニバース』の監督後任者を検討している。ハリウッドレポーター誌の記者であるボリス・キット氏によると、その候補者にはスティーブン・キング原作『イット』の2017年版を監督したアンディ・ムスキエティの名前が挙がっているようだ。

またポッドキャスト「ミート・ザ・ムービー・プレス」によると、『人生スイッチ』(2014年)を手がけたアルゼンチン人監督、ダミアン・ジフロンも同じく候補者として検討されているという。『ダーク・ユニバース』の公開時期は未定だが、ひとまず早めに後任者を決定したいという意向だろう。

ちなみにリーマンの新作『アメリカン・メイド(原題:American Made)』は2017年9月22日全米公開予定。すでに『ダーク・ユニバース』の降板もやむなしの忙しさだ……。

Sources: http://screenrant.com/justice-league-dark-doug-liman-departed-scheduling-nightmare/
http://uk.ign.com/articles/2017/06/02/director-doug-liman-on-why-he-quit-the-justice-league-dark-movie-and-the-challenge-gambit-faces
http://screenrant.com/justice-league-dark-andres-muschietti-director-rumor/
http://screenrant.com/justice-league-dark-damian-szifron-director/
Eyecatch Image: https://www.amazon.co.jp/Justice-League-Dark-Vol-Paradise-ebook/dp/B00U9PCSKQ/

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。