Menu
(0)

Search

【ネタバレ】『ジョン・ウィック:パラベラム』◯◯◯シーンは任侠映画の影響なのか ─ キアヌ・リーブス、取材中に豹変

ジョン・ウィック:パラベラム

キアヌ・リーブス主演のアクションシリーズ最新作『ジョン・ウィック:パラベラム』には、日本的な要素が多い。なにせ本作でジョン・ウィックさんの命を狙う敵は「シノビ」と呼ばれる暗殺忍者集団。最強暗殺者として登場するゼロは寿司屋の板前という設定で、登場シーンではきゃりーぱみゅぱみゅの「にんじゃりばんばん」が流れているほどだ。


そんな『ジョン・ウィック:パラベラム』劇中のとある重要なシーンでは、日本の任侠映画のような展開があった。果たして、このシーンの真意とは。来日したキアヌ・リーブスとチャド・スタエルスキ監督がインタビューで答えた。

この記事には、『ジョン・ウィック:パラベラム』のネタバレが含まれています。

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly