Menu
(0)

Search

『ジョン・ウィック チャプター3:パラベラム』のアクションは「やり過ぎ」? ─ 監督、テスト試写の反応に「ややこしい」と困惑

ジョン・ウィック:チャプター2
(C)2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved. (C)Niko Tavernise

キアヌ・リーブス主演の人気アクション・シリーズ最新作ジョン・ウィック:チャプター3 パラベラム(邦題未定、原題:John Wick: Chapter 3 – Parabellum)』は、持ち味であるアクションがさらに詰まった作品になりそうだ。

同作は、無敵の殺し屋ジョン・ウィックさんがマフィアの皆さんを徹底的に叩きのめすアクションが見どころ。2017年公開の『ジョン・ウィック:チャプター2』では、ロシアのマフィア組織がジョン・ウィックさんによって151名もの組員を失い、追悼式まで行われたほど

恐るべきことに、続編では死者数が「ちょっと増える」ほか、ついに犬もアクションに参加することがわかっている。シリーズ最凶に血みどろのアクションが期待できそうだが、このペース配分にチャド・スタエルスキ監督は頭を悩ませている。なんでも、テスト試写で得られた観客の反応が「ややこしい」というのだ。米Colliderのインタビューにこう答えた。

「ペース配分にはいつも気を配っていますね。すごい矛盾があるんですよ。たとえば、(テスト試写の際の)”『ジョン・ウィック3』のどんなところが良かったですか?”という質問には、“アクションが最高!アクションが最高!”って返ってくるんですが…。」

同じように、「どんなところが悪かったですか?」との質問にも、”アクションが多すぎ!”との回答が得られたのだという。「つまり、一番良かったポイントと一番悪かったポイントが同じってことですよ。これがややこしい。”アクションは最高だったけど、変えて欲しいです。でも変えちゃったら嫌いになるかも”って。”最高にアクションが詰まった映画だったけど、あれはやり過ぎだ!”って言うから、”じゃぁ、カットしますか…?”って言ったら、“知らん!頑張れ!”って。」

勢いよく語った監督は、「好きな理由が嫌いな理由で、嫌いな理由が好きな理由。ややこしいですね」と続ける。とは言え監督の口ぶりはどこか楽しそうで、映画作りのチャレンジに自ら飛び込んで上手に泳いでいるような印象だ。とにかく今はジョン・ウィックさんの「やり過ぎ」アクションをひたすら楽しみに待つことにしよう。

『ジョン・ウィック:チャプター3 パラベラム(邦題未定、原題:John Wick: Chapter 3 – Parabellum)』は、2019年5月17日に米国公開予定。

Source:Collider

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly