Menu
(0)

Search

『ジョン・ウィック4』米公開延期に ─ 『ソウ』『ヒットマンズ・ボディガード』最新作も

ジョン・ウィック:パラベラム
®, TM & © 2019 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.  

キアヌ・リーブス主演の人気シリーズ最新作ジョン・ウィック4(仮題)』の米国公開日が、2021年5月21日から2022年5月27日に延期されたことがわかった。米Lionsgateが発表した。

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、ハリウッドでは映画・ドラマの撮影が中断されている。もともと『ジョン・ウィック4』の公開予定日だった2021年5月21日には、同じくキアヌ主演の『マトリックス4(仮題)』も公開予定で、キアヌはこちらの撮影に入っていた。『ジョン・ウィック』シリーズの監督であり、『マトリックス4』にも参加しているチャド・スタエルスキは、米Colliderにて両作の進捗を先日こう語っている。

「(撮影中断まで)『マトリックス』は4週間しか経っていませんでした。だから、キアヌはまず『マトリックス』を終えなければいけない。これが大きな仕事で、今年の終わりまでかかると思います。それから、こちら(『ジョン・ウィック4』)の準備に入って、撮影に進むことになります。」

現時点で『マトリックス4』の米国公開日は変更されていないが、いまだ撮影再開の目処は立っていない。撮影が年内いっぱいまでかかる場合──年内で終わるという保証さえないにせよ──CGなどのポストプロダクション(撮影後作業)に時間がかかる大作映画である以上、同作も予定通りの公開は難しくなる可能性もあるだろう。

またLionsgateは、『ソウ』シリーズの最新作『スパイラル(原題:Spiral)』の米国公開日を、2020年5月15日から、『ジョン・ウィック4』の公開予定日だった2021年5月21日へ繰り下げた。同作はクリス・ロックが主演・原案・製作総指揮を担当し、サミュエル・L・ジャクソンが出演。脚本は『ジグソウ:ソウ・レガシー』(2017)のジョシュ・ストールバーグ&ピーター・ゴールドフィンガー、監督は『ソウ』第2~4作のダーレン・リン・バウズマンが務めている。

ライアン・レイノルズ&サミュエル・L・ジャクソン主演『ヒットマンズ・ボディガード』(2017)の続編『ヒットマンズ・ワイフズ・ボディガード(原題:The Hitman’s Wife’s Bodyguard)』の米国公開日も2020年8月28日から2021年8月20日へ延期となった。『search/サーチ』(2018)のアニーシュ・チャガンティ監督による新作スリラー『Run(原題)』は無期延期となっている。

ちなみにLionsgateは、2021年1月22日にデイジー・リドリー&トム・ホランド主演『カオス・ウォーキング(原題:Chaos Walking)』、3月19日にはニコラス・ケイジがニコラス・ケイジを演じるニコラス・ケイジ映画『The Unbearable Weight of Massive Talent(原題)』を封切る予定であり、こちらのスケジュールは変更していない。

あわせて読みたい

Source: Variety, Deadline, Collider

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。劇場用プログラムや各種媒体への寄稿なども喜んで承りますので、お気軽にお尋ねください。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly