Menu
(0)

Search

ロン・ハワード監督、タイ洞窟遭難事故の映画手がける ─ 『グラディエーター』脚本家とタッグ

タイ洞窟救助 映画化
Tham Luang Rescue Operation Center via Bestimage / 写真:ゼータイメージ

『アポロ13』(1995)『インフェルノ』(2016)などで知られる巨匠ロン・ハワード監督が、2018年にタイ北部で発生した洞窟遭難事故を題材にした映画『Thirteen Lives(原題)』を手がけることがわかった。米Deadlineが報じている。中規模の予算になるという。

本作の脚本を務めるのは、『グラディエーター』共同脚本のウィリアム・ニコルソン。大雨により継続的な浸水が続く洞窟に、2週間以上閉じ込められていた地元サッカーチームの少年とコーチの13人の救出劇が描かれるという。

ハワード監督が大規模事故を題材にした作品を監督するのは初めてのことではない。1995年には、1970年に発生したアポロ13号爆発事故の脱出劇を描いた『アポロ13』を手がけている。報道によると『Thirteen Lives』は、ハワード監督にとって“次なる『アポロ13』”になるとされており、観客は各国のレスキュー隊員の協力と工夫により実行された不可能な救出劇を目撃することになるという。

この事故から1ヶ月も経たない2018年7月には、映画化権を巡って早くも複数の映画製作会社が争奪戦を繰り広げていた。2019年5月、Netflixは『クレイジー・リッチ!』(2018)のジョン・M・チュウ監督とパートナーを組み、ドラマ化権を獲得。一方で米ユニバーサル・ピクチャーズは、アカデミー賞受賞作『フリーソロ』(2018)を手がけたジミー・チン&エリザベス・チャイ・ヴァサルヘリィを監督に迎えた映画化企画を発表していた

Source: Deadline

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly