Menu
(0)

Search

『ジョン・ウィック』第4作、『ブレイド』ウェズリー・スナイプスが剣術家役で出演交渉も破綻か

Wesley Snipes ウェズリー・スナイプス
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/41969117570/ Remixed by THE RIVER

キアヌ・リーブスが主演を務めるアクションシリーズジョン・ウィック』第4作に、『ブレイド』シリーズなどで知られるウェズリー・スナイプスが出演交渉に入っていたことが分かった。しかし、米The Hollywood Reporterのボリス・キット氏によれば、交渉は成立には至らなかったという。

スナイプスといえば、『ブレイド』シリーズ3部作の主人公ブレイド役で知られる。劇中でのスナイプスは華麗すぎる剣さばきが印象的だったが、『ジョン・ウィック』第4作でも剣を駆使したキャラクターで交渉していたようだ。出演交渉の第一報を伝えたのは、米The Illuminardi。同サイトは、スナイプスが「キアヌ・リーブスのジョン・ウィックと共に戦う剣術家として交渉中にある」と報じていた。

しかしその後、キット氏が自らのTwitterで「複数の報道がなされていますが、アクションスターのウェズリー・スナイプスは『ジョン・ウィック4』には出演しません」と続報を伝えた。交渉決裂の理由は定かでないが、キット氏は「少し前に何度か話し合いの場が設けられていましたが、合意には至りませんでした」と記している。

スナイプスの出演は叶わなかったが、一連の報道で注目すべきは「剣術家」というキャラクターの存在だ。この剣術家がスナイプスを想定して作られたキャラクターである可能性は大いにあるが、一方で現在もスナイプスの後任のキャスティングが行われているかもしれない。現状、キアヌ演じるジョン・ウィックの仲間として登場する新キャストにドニー・イェンが決まっているが、ここに剣使いが加わることを想像すると期待が膨らむばかりだ。続報を待ちたい。

『ジョン・ウィック』第4作は、2022年5月27日公開予定。

あわせて読みたい

Source: The Illuminardi

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly