Menu
(0)

Search

『ジョン・ウィック』第4作、『ブレイド』ウェズリー・スナイプスが剣術家役で出演交渉も破綻か

Wesley Snipes ウェズリー・スナイプス
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/41969117570/ Remixed by THE RIVER

キアヌ・リーブスが主演を務めるアクションシリーズジョン・ウィック』第4作に、『ブレイド』シリーズなどで知られるウェズリー・スナイプスが出演交渉に入っていたことが分かった。しかし、米The Hollywood Reporterのボリス・キット氏によれば、交渉は成立には至らなかったという。

スナイプスといえば、『ブレイド』シリーズ3部作の主人公ブレイド役で知られる。劇中でのスナイプスは華麗すぎる剣さばきが印象的だったが、『ジョン・ウィック』第4作でも剣を駆使したキャラクターで交渉していたようだ。出演交渉の第一報を伝えたのは、米The Illuminardi。同サイトは、スナイプスが「キアヌ・リーブスのジョン・ウィックと共に戦う剣術家として交渉中にある」と報じていた。

しかしその後、キット氏が自らのTwitterで「複数の報道がなされていますが、アクションスターのウェズリー・スナイプスは『ジョン・ウィック4』には出演しません」と続報を伝えた。交渉決裂の理由は定かでないが、キット氏は「少し前に何度か話し合いの場が設けられていましたが、合意には至りませんでした」と記している。

スナイプスの出演は叶わなかったが、一連の報道で注目すべきは「剣術家」というキャラクターの存在だ。この剣術家がスナイプスを想定して作られたキャラクターである可能性は大いにあるが、一方で現在もスナイプスの後任のキャスティングが行われているかもしれない。現状、キアヌ演じるジョン・ウィックの仲間として登場する新キャストにドニー・イェンが決まっているが、ここに剣使いが加わることを想像すると期待が膨らむばかりだ。続報を待ちたい。

『ジョン・ウィック』第4作は、2022年5月27日公開予定。

あわせて読みたい

Source: The Illuminardi

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly