Menu
(0)

Search

「ロキ」は裁判官ラヴォーナ・レンスレイヤーの「オリジン・ストーリー」に ─ コミックでは重要ヴィランの恋人

ロキ
(C)2021 Marvel

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)のドラマシリーズロキでは、コミックの重要人物がさらりと初登場を果たしている。『マザーレス・ブルックリン』(2019)などのググ・バサ=ローが演じる、裁判官ラヴォーナ・レンスレイヤーもそのうちの一人。米Screen Rantによると、本作はラヴォーナのオリジン・ストーリーでもあるという。

 ロキ
(C) 2021 Marvel

コミックのラヴォーナ・レンスレイヤーは、『ファンタスティック・フォー』シリーズのヴィランとして知られる“征服者カーン”に愛される40世紀の王女。最初はカーンを憎むが、やがて愛し合い、ともに戦うようになるという設定だ。演じるググ・バサ=ローは、コミックのラヴォーナを「少しだけ」予習したというが、いったんは今後のことを考えずに「ロキ」に臨んだという。

「プロデューサーやケイト(・ヘロン監督)には、最初のうちから、“今回のTVAのくだりは彼女のオリジン・ストーリーのようなもの”と知らされていました。ある意味、今後起きることをすべて知らなければいけないという責任から解放されたんです。(ラヴォーナにとっては)コミック以前の物語が始まったところですから。この役柄は自分のものだという感覚も得られて、とてもうれしかったですね。」

“オリジン・ストーリー”というだけあって、「ロキ」ではラヴォーナの歴史も描かれることになりそうだ。第1話『大いなる目的』では裁判官として法廷に座り、ロキやメビウスとのやり取りを見せていたが、実はラヴォーナにも軍人としての過去があるという。ローは「彼女の肉体には戦闘訓練の記憶があります。今ではTVAの首席裁判官だから、戦闘は別の人がやるわけで、スキルを使うことはほとんどありませんけどね」と語った。

もちろん本作では、ラヴォーナのアクションもいずれ見ることができそうだ。ローによると、ラヴォーナのスキルは非常に高く、格闘スタイルも「非常にエレガントでミニマル」。喧嘩のようなものではなく、軽やかで洗練されたアクションが考案され、ラヴォーナの身体性や衣裳の設定に活かされているという。しかし、ラヴォーナが戦う相手はいったい誰なのか、なぜ彼女は自ら戦いに身を投じることになるのか。

「ロキ」がラヴォーナの“オリジン・ストーリー”である以上、おそらく彼女は今後のMCU作品にも登場することだろう。コミックで深い関係を持つ征服者カーンは、『アントマン』シリーズの最新作『アントマン&ワスプ:クアントゥマニア(原題)』に登場し、ジョナサン・メジャースが演じる。もしやラヴォーナも同作に登場するのか、あるいは……。

ディズニープラス オリジナルドラマシリーズ「ロキ」は配信中。

あわせて読みたい

Source: Screen Rant(1, 2

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly