Menu
(0)

Search

キアヌ・リーブス来日決定、『ジョン・ウィック:パラベラム』引っさげ ─ チャド・スタエルスキ監督と共に日本でプレミア開催へ

Keanu Reeves stars as 'John Wick' in JOHN WICK: CHAPTER 3 - PARABELLUM. Photo Credit: Mark Rogers.

みんな大好きキアヌ・リーブスが、また来日してくれることが明らかになった。2019年10月4日公開の最新作『ジョン・ウィック:パラベラム』に合わせて、9月中旬に日本にやってくる。


『ジョン・ウィック』シリーズは、”殺し屋を始末する殺し屋”、”1本の鉛筆で3人を瞬殺”など、数々の伝説と共に裏社会を震撼させてきた最強の殺し屋、ジョン・ウィックさんの壮絶な復讐を描く。キアヌ・リーブスがみせる、銃と体術を組み合わせたキレ味鋭い流麗なアクション:ガン・フーと、独自の世界観が全世界を熱狂させ大ヒットとなった。

『ジョン・ウィック:パラベラム』は、アメリカでは興行収入3週連続1位をキープしていた『アベンジャーズ/エンドゲーム』を首位の座から蹴落として初登場No.1となり、その後も、1作目『ジョン・ウィック』(2014)の倍の成績となった前作『ジョン・ウィック:チャプター2』(2017)の更に倍という、シリーズを重ねるごとに大幅に数字が更新される驚異のスーパーヒットを記録。主演のキアヌ・リーブスは、ほかにも声優として参加した『トイ・ストーリー4』をはじめ日本では4作品が公開、イブ・サンローランの秋冬コレクションのモデルに起用、さらには世界中で発売が待望されている新作ゲーム「Cyber​​punk 2077」への出演が発表されるなど更なる飛躍を続け、まさに2019年は”キアヌ・イヤー”状態だ。

そんな絶好調のキアヌが来日するのは、前作『ジョン・ウィック:チャプター2』以来2年3カ月ぶり。今回も盟友チャド・スタエルスキ監督とともに、本シリーズでは3作連続3回目の来日となる。シリーズ最高傑作の呼び声高く、新たに刀やニンジャアクションを取り入れるなど、親日家としても知られるキアヌと監督の日本愛が詰まった本作を自ら日本のファンへお披露目する。

キアヌとスタエルスキ監督は、来日にあわせて実施されるジャパンプレミアへの登壇が決定。”いい人”エピソードがたびたび報道されるなど、日本でも多くのファンから愛されるキアヌが相思相愛の地でどんな姿を見せてくれるのか今から待ち遠しい。なお前作の来日イベントではヒット祈願として、何故か和田アキ子と鐘を鳴らしていた。また日本の純喫茶、寿司、ラーメンを嗜んだキアヌの観光エピソードにも要注目だ。

映画『ジョン・ウィック:パラベラム』は、2019年10月4日(金)全国ロードショー。

『ジョン・ウィック:パラベラム』公式サイト:http://johnwick.jp/

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly