Menu
(0)

Search

タイカ・ワイティティ最新作『ジョジョ・ラビット』日本版予告編 ─ 空想のヒトラーと友だちの少年がユダヤ人少女に出会ったら、オスカー期待の注目作

ジョジョ・ラビット
©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation &TSG Entertainment Finance LLC

『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)タイカ・ワイティティ監督最新作、“アカデミー賞にも最も近い賞”とも言われる第44回トロント国際映画祭の最高賞<観客賞>を受賞した『ジョジョ・ラビット』が2020年1月17日(金)に公開される。このたび、日本版最新予告映像が公開された。


第二次世界大戦下のドイツ、立派な兵士を夢見て青少年集団ヒトラーユーゲントに入団した10歳のジョジョ(ローマン・グリフィン・デイビス)は、空想上の友だちであるアドルフ(・ヒトラー/タイカ・ワイティティ)に小さな背中を押されながら奮闘中。ところがある日、ユダヤ人の少女エルサ(トーマシン・マッケンジー)が我が家に隠れているのを見つけて仰天。「ユダヤ人はわるい」と教えられてきたのに、大好きな母親ロージー(スカーレット・ヨハンソン)が匿っていたエルサは聡明で勇敢、そしてユーモアにも溢れていた。同じ屋根の下で過ごし、言葉を交わすうちに、ジョジョが信じていた景色は揺らぎ、世界が大きく動き始める。

今回の予告編には、ジョジョの憧れであり強敵でもある教官クレンツェンドルフ大尉(サム・ロックウェル)や、唯一の“実在する友だち”ヨーキー(アーチー・イェーツ)も登場。母親ロージーは「憎しみは勝ちはしない。愛が最強の力よ」とジョジョを抱きしめる。過酷な大戦下ながら、ジョジョの周りは人々の愛情でいっぱい。ひとクセもふたクセもある、しかし愉快な仲間たちに囲まれながら、ジョジョは世界の何を見て、何を感じるのか?

ジョジョ・ラビット
©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation &TSG Entertainment Finance LLC

本作は、独特のユーモアとイマジネーションで秀作を生み出してきた監督・俳優のタイカ・ワイティティが、創立25周年を迎える名門FOX サーチライトとタッグを組み、戦時下に生きる人々の歓び、人生の真実を描き出したヒューマン・エンターテイメント。2019年10月18日(金)に全米公開されたのち、5週目にして北米995スクリーンに拡大公開されるなど大ヒットを継続中。監督の故郷ニュージーランドでは10月23日(木)に公開され、週末興行収入42%を占めるという驚異の成績を記録、4週連続でNo.1を獲得した。

ハリウッドのトップスター、そして未来を担う瑞々しい新星を率いたワイティティ監督は、史実にウソをつくことなく、既成概念を大胆に覆す脚本について「憎悪と偏見を直球で描く映画にはしたくなかったので、脚本はまったく自制していません。言うべきことを言うためには、ひるむことなく、決死の覚悟で書かなくてはいけないんです」と語った。「危険のないものなら、僕がやる価値はない。大失敗のリスクを背負って必死になれば、最高にクリエイティブで、最高に先進的な表現が出てくるもの」

ジョジョ・ラビット
©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation &TSG Entertainment Finance LLC

すでにワイティティ監督は、FOXサーチライトと再タッグを組む次回作『Next Goal Wins(原題)』の撮影を開始している。『ジョジョ・ラビット』は、まさに目を見張る勢いで次なるステップに臨む現代随一のフィルムメーカー、タイカ・ワイティティの才能が詰め込まれた一本だ。

映画『ジョジョ・ラビット』は2020年1月17日(金)全国ロードショー

あわせて読みたい

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly