Menu
(0)

Search

『ジョーカー』続編が正式始動、タイトルと脚本表紙が公開 ─ ホアキン・フェニックス、続投

https://www.instagram.com/p/CehX0rGPxQi/

2019年に大ヒットを記録したホアキン・フェニックス主演のDC映画ジョーカー続編が正式に始動していることがわかった。監督のトッド・フィリップスは、続編脚本の真っ赤な表紙と、ジョーカー役ホアキン・フェニックスが咥え煙草で脚本を読む姿を撮影した写真を公開している。

この投稿をInstagramで見る

Todd Phillips(@toddphillips)がシェアした投稿

監督が公開した脚本表紙には、2022年5月18日の日付と、脚本続投となるスコット・シルヴァーの名前、および『Joker: Folie à deux』とのタイトルが印字されいる。『Folie à deux』とはフランス語で「二人狂い(Madness for Two)」という意味。「感応精神病」の意味もあり、ひとりの妄想がもうひとりに感染し、同じ妄想や狂気を共有してしまうことを指す。

このことから続編では、ジョーカーの他にもうひとりのキーパーソンが登場するものとみられる。ジョーカーの相手として思い浮かべやすいのは、バットマン/ブルース・ウェインがある。「感応精神病」ということであれば、ジョーカーの狂気が伝染してパートナーのヴィランとなったハーレイ・クインも考えられる。あるいは映画オリジナルのキャラクターかもしれないし、もしかすると観客自身のことを指しているのかもしれない。

映画『ジョーカー』は、従前のDC映画ユニバースに属さない独立した世界観のもと、独自の作風が評価され社会現象的ヒットを記録。続編の噂はたびたび聞こえてきたが、監督やホアキンは否定してきていた。いわゆるアメコミファン以外の観客にも支持された作品とあって、続編への関心も高い。

なおDC映画は現在、抜本的改革の真っ最中。ワーナー・ブラザーズ・ディスカバリーでは、マーベル映画におけるケヴィン・ファイギのような包括的なアドバイザーを模索しており、その候補としてトッド・フィリップスの名が挙がっているとされている。

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。運営から記事執筆・取材まで。数多くのハリウッドスターにインタビューさせていただきました。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly