Menu
(0)

Search

『トップガン マーヴェリック』監督、次作はブラッド・ピット主演のF1レース映画 ─ Appleが権利獲得、配信前に劇場公開見込み

『アド・アストラ』ブラッド・ピット来日 ジャパンプレミア
© THE RIVER

世界中で旋風を巻き起こしている『トップガン マーヴェリック』でメガホンをとったジョセフ・コシンスキー。この度、その監督次回作となる新作映画の配給権を、米Appleが獲得したことがわかった。米The Hollywood Reporterなどが報じている。

『トロン:レガシー』(2010)『オブリビオン』(2013)などでもおなじみのジョセフ・コシンスキーがメガホンをとるタイトル未定の最新作には、『ファイト・クラブ』(1999)『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(2019)などのブラッド・ピットが主演として起用されている。“F1レース映画”とのみ伝えられていた本作の詳細は謎に包まれたままだが、米Deadlineによると、ピット演じるのは、引退したレーシングドライバーとのこと。新人たちとともに、F1界の強敵たちと競い合うことになる役柄だという。

このたびの契約で気になる本作の公開形式に関してだが、The Hollywood Reporterによると、Apple TV+にて配信となる前に、少なくとも30日間、あるいは60日間の劇場上映が世界的に展開されるとのこと。『ウルフウォーカー』(2020)や『マクベス』(2021)などのように、Appleはこれまでにも自作品を配信前に劇場公開してきたため、ビッグスクリーンでもまた、このレース映画を堪能することができそうだ。

脚本を担当するのは、『トップガン マーヴェリック』をはじめ、『トランスフォーマー』シリーズなどのアーレン・クルーガー。製作には、『トップガン』『パイレーツ・オブ・カリビアン』『バッドボーイズ』シリーズなどのヒットメイカーであるジェリー・ブラッカイマーや、ブラッド・ピット率いる製作会社Plan B、そしてF1世界選手権の王者であるイギリスのレーシングドライバー、ルイス・ハミルトンが名を連ねている。

Source:The Hollywood ReporterDeadline

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly