Menu
(0)

Search

『アベンジャーズ』サノス役ジョシュ・ブローリン、バットマンを演じる可能性あった ─ ザック・スナイダー版の候補者に

ジョシュ・ブローリン
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/14609924158/

マイケル・キートン、ヴァル・キルマー、ジョージ・クルーニー、クリスチャン・ベール、ロバート・パティンソン……。さまざまな俳優が演じてきたDCコミックスの人気ヒーロー・バットマンを、『アベンジャーズ』シリーズのサノス役で知られるジョシュ・ブローリンが演じる可能性があったという。

ジョシュがバットマン役の候補に挙がっていたのは、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016)の製作以前のこと。監督のザック・スナイダーはさまざまな候補者を検討し、最終的にベン・アフレックを起用したが、そのプロセスにジョシュの名前もあったのだ。

ポッドキャスト「Happy Sad Confused」では、ジョシュ自身が当時を振り返って「面白いですよね。(バットマン役に選ばなかったのは)ザックの決定であって、僕の決定ではないんですが」と語っている。「大失敗するか、大成功するかというリスクを背負うのは大好き。そういう役を演じるのも大好きです」。

ジョシュがサノス役として初登場したのは『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014)だから、バットマン役の候補として検討されていた時点で、すでにジョシュがマーベル映画入りを果たしていた可能性もある。のちにジョシュは、同じくマーベル映画『デッドプール2』(2018)でケーブル役を演じることになるわけだが、もしバットマン役に選ばれていれば未来は大きく変わっていただろう。

ところで、ジョシュがバットマン/ブルース・ウェインを演じていたなら、ベン・アフレック版とはまた異なる人物像になっていたはずだ。ジョシュは「良い言葉が見つかりませんが、もっと年を取った、もっと無骨な役になっていたでしょう」と述べている。ちなみに「面白いと思うので、80歳になったらやるかもしれません」とのジョークも忘れていない。

Sources: Happy Sad Confused, ComicBook.com

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly