Menu
(0)

Search

『ジュラシック・パーク』コロナ禍で27年ぶりに米1位

ジュラシック・パーク
© Photoshot 写真:ゼータイメージ

新型コロナウイルスの影響で新作映画の公開が取りやめられているアメリカの劇場では、「カタログ作品」と呼ばれる旧作を止む無く上映中だ。2020年6月19日〜21日の週末では、ジュラシック・パーク』(1993)が興行収入ランキング1位を獲得した。米Deadlineが伝えている。

スティーブン・スピルバーグ監督によるこの不朽の名作は全米230箇所で上映され、517,642ドルの売上記録。『ジュラシック・パーク』は1993年6月の公開当時、3週連続で1位を記録していた。公開後27年ぶり、4度目の雄叫びだ。

ちなみに2位は『ジョーズ』(1975)で、記録は516,366ドルというから、およそ1,300ドルの僅差だ。時を越えて、スティーヴン・スピルバーグ監督の代表作がトップ2を占めた。

アメリカでは、現在の映画興行収入の大部分がドライブイン・シアターが占めているという。『ジュラシック・パーク』『ジョーズ』もドライブインで楽しまれたということだ。

米最大の映画館チェーンAMCは今後の営業再開にあたって4段階の「フェイズ」を定めており、9月までに「フェイズ3」として座席の50%稼働を見込んでいる。100%の稼働に戻る「フェイズ4」には、11月26日の米祝日(感謝祭)までかかるのだ。こうした環境下では、まだしばらくはカタログ作品が「つなぎ」の活躍を見せるだろう。

なお、19日〜21日の週末に米興行収入1位となった新作映画はインディーズのホラー映画『Followed(原題)』で127,231ドルだった。インフルエンサーがチャンネル登録者数を増やすために呪われたホテルに宿泊し、様々な怪奇現象に見舞われるという映画だ。

あわせて読みたい

Source:Deadline

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly