Menu
(0)

Search

『ジュラシック・ワールド』続編に天才科学者ドクター・ウーが再び登場か?

ジュラシック・ワールド』は、舞台となる島が1作目と同じイスラ・ヌブラル島(通称サイトA)だったり、廃れたビジターセンターが出てきて、あの懐かしい暗視ゴーグルが登場したり、何かと『ジュラシック・パーク』へのオマージュに富んだ作品だった。

そしてそのうちの一つとも言えるのが、ヘンリー・ウー(B・D・ウォン)の存在である。

『ジュラシック・パーク』シリーズから登場する唯一の人物、ヘンリー・ウーとは

http://www.slashfilm.com/
http://www.slashfilm.com/bd-wong-jurassic-world-interview/

ヘンリー・ウーは、琥珀に閉じ込められた蚊の血から恐竜のクローンを生み出すことに成功した天才科学者。『ジュラシック・パーク』ではちょい役な感じで登場していたが、結構凄い人なのだ。

マイケル・クライトンによる原作小説では、ウーはジョン・ハモンドに口説かれて研究チームに加わったものの、ハモンドはああみえて汚い大人なので、彼は自分がただ利用されただけだと感じるようになる。そこでパソコンにも強かったウーは、ソフトウェアをアップデートするかのように恐竜を改良し続けていた。

この時点で、『ジュラシック・ワールド』でのキャラクターが頭角を現していたようにも感じられる。原作では、ウーはヴェロキラプトルに襲われてしまうので、直接的な関わりはないのだが……そう考えると面白い。

映画『ジュラシック・パーク』で嵐がやってきた時、ウーは船に乗って本土へちゃんと帰っている。そんな彼は、『ジュラシック・ワールド』でハモンド・クリエーション・ラボのヘッドとして再登場してくれた。

http://www.zimbio.com/
http://www.zimbio.com/Beyond+the+Box+Office/articles/I9wRNSmGWMD/17+Ways+Jurassic+World+References+First+Movie

(なんかあか抜けた?悪い大人の顔になった気がするぞ)

ヘリに乗って島を脱出したドクター・ウー

『ジュラシック・ワールド』で、客寄せのため最恐の恐竜を作ってくれとマスラニCEOに頼まれたドクター・ウーは、ギタノトサウルス、マジュンガサウルス、カルノタウルス、ルゴプス、テリジノサウルス、ティラノサウルス、ヴェロキラプトル、コウイカ、アマガエル……などのDNAを混ぜこぜして、劇中でもメインで暴れまくるインドミナスレックスちゃんを造り上げた。

インドミナスレックスが脱走した後に、なんであんなもんを作ったんだとCEOに怒られたウーは「いや、あんたが要求したんだろ、もっと歯をってな!ハッ!」ってな具合に言い返している。『ジュラシック・パーク』の彼はなんだか優しそうに見えたが、出世とともに気が強くなったのかもしれない。

tumblr.com
http://peppperpotts.tumblr.com/post/124348362295

(確かにインドミナスレックスを作ってしまうくらいだから怖いものなしだよな)

そしてあろうことか、ウーは最終的に、恐竜の兵器化を目論むインジェン社のヴィック・ホスキンスと手を組んでしまった。パークが恐怖のどん底に落ちていく最中、彼はインジェン社のヘリに恐竜の胚を抱えて乗り込み、島を脱出していったのだ。この胚泥棒め!

こうしてみると、彼が明らかに暗黒面に落ちていったことがわかるだろう。もっとも肝心のホスキンスは、ヴェロキラプトルに襲われて美味しくいただかれたのだが……。

続編にドクター・ウーが戻ってくる、かも!

さて、そんなウーが次回作『ジュラシック・ワールド2(仮題)』に登場する可能性が高いことが明らかになった。エグゼクティブプロデューサーのフランク・マーシャルがこう発言したのだ。

“When they take off in helicopters, you know they’re probably going to come back.”
(ヘリコプターに乗って逃げてった奴らは、恐らくまた出てくるはずだろ?)

http://jurassicpark.wikia.com/wiki/File:Henry_Wu_Jurassic_World.jpg
http://jurassicpark.wikia.com/wiki/File:Henry_Wu_Jurassic_World.jpg

恐らく、いや確実にドクター・ウーが次回作に登場するだろうと感じさせる言葉だ。しかも、次回作は現代の動物実験や生物兵器問題といった、アニマル・ライツを問うようなテーマをもち、ダークで怖い内容となる。

つまり、もしドクター・ウーが本当に再び登場するのなら、例えば恐らく盗んだ胚でインドミナスレックス大群を作り、兵器化させるようなマッドサイエンティストとして描かれるかもしれない。いずれにせよ、三部作として続いていくストーリーで、彼が重要な存在となり、オーウェン(クリス・プラット)とクレア(ブライス・ダラス・ハワード)を悩ませることになるだろう。

ますます期待が高まる『ジュラシック・ワールド2(仮題)』は、来年3月から撮影開始、公開は2018622日に予定されている。

Source: http://www.cinemablend.com/news/1590460/the-jurassic-world-co-star-whos-expected-back-for-jurassic-world-2

Writer

ANAIS
ANAIS

ライター/編集者/Ellegirlオフィシャルキュレーター、たまにモデル。ヌーヴェルヴァーグと恐竜をこよなく愛するナード系ハーフです。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly