Menu
(0)

Search

映画『ジャスティス・リーグ』でバットマンの暴力が裁かれる?DC幹部は「明るい映画にする」と宣言

『マン・オブ・スティール』『バットマン vs スーパーマン』『スーサイド・スクワッド』。いずれも大ヒットを収めながら、作品の内容には厳しい批判も少なくない「DCエクステンデッド・ユニバース」に強力な助っ人が参加する。数多くのコミックにライターとして携わった、DCコミックスの幹部ジェフ・ジョンズ氏だ。

現在製作進行中の映画『ジャスティス・リーグ』について、ジョンズ氏とプロデューサーのジョン・バーグ氏が新情報を語った。


「暴力的なバットマン」像に決着か

『バットマン vs スーパーマン』、そして『スーサイド・スクワッド』に登場したバットマンは、従来の「殺さない」バットマン像ではなく、暴力的かつ残酷といっていいキャラクター造形だった。「殺さない」どころかサクッと殺すバットマンにファンは驚き、ウェブでは「バットマンが劇中で何人殺したか」を検証する動画も話題となったほどだ。

しかしウォール・ストリート・ジャーナル誌は、『ジャスティス・リーグ』でバットマン像になんらかの変化が生まれる可能性を示唆した。ジョンズ氏とバーグ氏が「(同作では)バットマンの暴力を直接的に扱う」と話したのだ。また、これは作品のメイン・ストーリーからさほど逸脱しない展開になるという。

あまりに暴力的なバットマンに誰かの裁きが下るのか、それともバットマン自身が葛藤して乗り越えるのかはわからない。しかしバットマンの暴力性が問われるということは、もしかして『ジャスティス・リーグ』はヒーローの暴力や倫理がテーマになるのだろうか? また重くシリアスな作品になるのか……と思いきや、どうやらそういうわけでもなさそうだ。

「明るいDC映画」宣言

batmanfight-188223-1280x0
http://comicbook.com/dc/2016/07/03/how-many-people-did-batman-kill-in-batman-v-superman/

ジョンズ氏はインタビューで、現在の「暗いDC映画」のイメージを払拭しようという意思を示している。

「ワーナーが語ってきたことは誤解されていると思う。『ああ、DC映画ってダークでハードなのが特徴なんだね』って、こんなに間違ってることはないよ。希望に満ちて前向きな世界観なんだ。バットマンですらそういうところがある。もしも『明日はもっと良くなる』って思えなければ、彼は立ち止まってしまうだろうね」

しかしながらジョンズ氏の意向は、少なくとも『バットマン vs スーパーマン』までの作り手たちにはおそらく伝わっていなかったのだろう。もし本当に伝わっていたならば、彼自身が映画に深く携わる必要はなかったはずだ。

実際にジョンズ氏とバーグ氏は、『バットマン vs スーパーマン』の悪評を受けて『ジャスティス・リーグ』の脚本をリライトしたという。バーグ氏は「もう少し早く希望と光を感じられるようにストーリーを加速させた」と話している。

ジェフ・ジョンズ氏、働きすぎでは?

「キャラクターに忠実であるため、彼らを輝かせるストーリーを作るために厳しくすべてをチェックしたい」と語ったように、すでにジョンズ氏はおそろしい仕事ぶりを発揮しているようだ。

たとえば『ジャスティス・リーグ』のほか、2017年公開の『ワンダーウーマン』にも脚本のリライトで参加。ベン・アフレック版『バットマン』では共同脚本を担当し、つづく『フラッシュ』『アクアマン』(ともに2018年予定)や『サイボーグ』(2020年予定)の脚本作業も並行して進めているという。その一方で、DC原作のドラマや本業であるコミック原作の執筆も行っている。過労死しないか本当に心配である。

一度厳しい評判を集めたDC映画は、ジョンズ氏の大健闘によって立て直すことができるのだろうか……。今後の作品にも注目していきたい。

source: http://www.wsj.com/articles/warner-bros-s-new-strategy-on-dc-lighten-up-superheroes-1473350000
Eyecatch Image:http://comicbook.com/dc/2016/07/03/how-many-people-did-batman-kill-in-batman-v-superman/

 

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly