Menu
(0)

Search

いちばん正直な『スーサイド・スクワッド』レビュー 観ない理由の払拭と観るべき理由の解説

いよいよ9月10日、映画『スーサイド・スクワッド』が日本国内で封切りになった。

公開までの間、そして全世界で公開されてから、当サイトTHE RIVERではこの作品についての様々な情報をお届けしてきたつもりだ。

上記記事にまとめられているように、このサイトでは、ファンが大好きなポップカルチャーについて自分の気持ちで実直に語り、共有できるファンメディアとして、『スーサイド・スクワッド』に関する期待高まるニュースのみならず、不都合な情報も隠さずにお伝えしてきた。ようやく日本公開、鑑賞を終えられた今、良い物は良いと良い、悪いものは悪いと言えるサイトとして、そしていちファンとしてスーサイド・スクワッドのレビューを正直に書きたい。

公開初日に鑑賞した今現在の気持ちを率直に述べよう。最高すぎて安堵し、途中でちょっと泣けた。

なぜ、スーサイド・スクワッドは素晴らしい映画だったのか。その魅力をネタバレなしで評価する前に、本作にまつわる不安要素をひとつずつ取り払うところから始めたい。

この記事ではまず、あなたの「スーサイド・スクワッドを”観ない”理由」を払拭する。そのうえで、筆者が鑑賞して感じた「スーサイド・スクワッドを”観るべき”理由」について語りたいと思う。この記事を読み終えるころ、きっとその足は映画館に向かって歩き始めているはずだ。

スーサイド・スクワッドを”観ない”その理由は間違いだ

アメコミ原作とか、前作・関連作の知識がないと楽しめないんでしょ?

全くそんなことはない。そして、それがこのスーサイド・スクワッドの素晴らしい点だ。

確かに今作は、スーパーマン誕生を描いた『マン・オブ・スティール』と、その後の『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』と地続きになった世界を描いている。そして『バットマン vs スーパーマン』は『マン・オブ・スティール』を鑑賞していないと「何のことかわからない」状態に陥る不完全な内容だった。だが、スーサイド・スクワッドはそんな心配は御無用。前二作を鑑賞していないと困るようなシーンは特に無い。

一応、”メタヒューマン”というDCEUの用語が出てきたり、『バットマンvsスーパーマン』で起こった出来事を言及する場面もあったりするわけだが、それはあくまでも一要素であって、これが分からないとストーリー構造が破綻するといったものではない。スーサイド・スクワッドはDCEU内のいち作品でありながら、ほとんど独立した世界観を持っている。

また、詳しくは後述したいが、個性豊かな登場キャラクターのオリジンもしっかり描いてくれている。原作をよく知るファンなら、コミックとの相違点などを見出して楽しむ事もできようが、こちらもあくまでプラスアルファの楽しみ方。コミックの前知識を前提にいきなり登場させて、原作に馴染みのない観客を置いてけぼりにするような展開は一切ない。だから、アメコミ原作を知らないとか、最近のアメコミ映画はちゃんと観てないから…という心配は一切不要である事を胸を張って保証したい。

「脚本に難あり」みたいな噂を聞いたよ?

そうは思わない。

今作の脚本は、鑑賞にあたって致命的にわかりにくかったり破綻しているような印象はない。もちろん細かいアラ探しやツッコミをしようとすればいくらでも出来てしまうだろうが、そもそも万人に受け入れられる完璧な脚本は存在しがたい。ほぼ全員が初登場となるキャラクター一人ひとりの出自や彼らの葛藤、”タスクフォースX”の背景や実行に至るまでの必然性、世界に迫る脅威とそれに立ち向かうスーサイドスクワッドのアクション、すべてバランスよく描かれていたように思う。当然ながら100点だったかと尋ねられて、「そうだ」と言いたいわけではない。ただ、決して「難あり」というものではなかった。

ジョーカーの出番が大量カットされてて「予告編詐欺」なんでしょ?

本作における最も不穏な前情報といえば、ジャレッド・レト演じるジョーカーの撮影シーンのほとんどがカットされていた、というものに間違いない。

だが、実際に鑑賞したからこそ言いたい。全くそんなことはない。

上記記事に書いたように、全身全霊を込めて演じたシーンの多くをカットされたジャレッド・レトは悲嘆し、観客は「ジョーカーを楽しみに映画を観に行ったのに、予告編と違いすぎる」として訴訟の動きも見せた。ワーナーとDCに怒りの声を挙げたスコットランド在住のファンはこう述べている。

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。運営から記事執筆・取材まで。数多くのハリウッドスターにインタビューさせていただきました。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly