Menu
(0)

Search

『ジャスティス・リーグ』にクリストファー・ノーランが参加していた ― 米TVスポットより判明

ジャスティス・リーグ
©2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

DCコミックス/ワーナー・ブラザースによる映画ジャスティス・リーグに映画監督クリストファー・ノーランが参加していることがわかった。米Batman-News.comが伝えている。

むろんクリストファー・ノーランがDC/ワーナーによるユニバース作品に参加するのは今回が初めてではない。
第1作『マン・オブ・スティール』(2013)にはプロデューサーとして、第2作『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016)にはエグゼクティブ・プロデューサーとしてクレジットされていたのである。本作『ジャスティス・リーグ』にも、前回同様エグゼクティブ・プロデューサーとして参加しているようだ。

ノーランと並んでエグゼクティブ・プロデューサーに名を連ねているのは、ノーラン作品のほか『マン・オブ・スティール』『バットマン vs スーパーマン』にも参加してきた妻のエマ・トーマスだ。今回も夫婦揃ってエグゼクティブ・プロデューサーとして参加していたというわけである。
なお、このTVスポットが放映されたのは、2017年10月8日(現地時間)に米ESPNで放送されたアメリカン・フットボール中継だったという(ダラス・カウボーイズ対グリーンベイ・パッカーズ戦)。

 

もっとも、ノーランが「エグゼクティブ・プロデューサー」として参加したことが本作にどのような影響を与えているのかはわからない。ただひとつ言えそうなのは、『ダークナイト』3部作(2005-2012)を成功に導き、その後も監督作品を確実にヒットさせてきたノーランの存在が、ワーナー・ブラザースから非常に強い信頼を得ているということだろう。
ちなみに『バットマン vs スーパーマン』製作の際、ノーランはザック・スナイダー監督に私物のIMAXレンズを貸し出していたという。もしかして本作でもノーランの私物が活躍したのだろうか……。

映画『ジャスティス・リーグ』は2017年11月23日より全国ロードショー

Source: https://twitter.com/BatmanNewsCom/status/917167493671804929
©2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly