Menu
(0)

Search

『ジャスティス・リーグ』にクリストファー・ノーランが参加していた ― 米TVスポットより判明

ジャスティス・リーグ
©2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

DCコミックス/ワーナー・ブラザースによる映画ジャスティス・リーグに映画監督クリストファー・ノーランが参加していることがわかった。米Batman-News.comが伝えている。

むろんクリストファー・ノーランがDC/ワーナーによるユニバース作品に参加するのは今回が初めてではない。
第1作『マン・オブ・スティール』(2013)にはプロデューサーとして、第2作『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016)にはエグゼクティブ・プロデューサーとしてクレジットされていたのである。本作『ジャスティス・リーグ』にも、前回同様エグゼクティブ・プロデューサーとして参加しているようだ。

ノーランと並んでエグゼクティブ・プロデューサーに名を連ねているのは、ノーラン作品のほか『マン・オブ・スティール』『バットマン vs スーパーマン』にも参加してきた妻のエマ・トーマスだ。今回も夫婦揃ってエグゼクティブ・プロデューサーとして参加していたというわけである。
なお、このTVスポットが放映されたのは、2017年10月8日(現地時間)に米ESPNで放送されたアメリカン・フットボール中継だったという(ダラス・カウボーイズ対グリーンベイ・パッカーズ戦)。

 

もっとも、ノーランが「エグゼクティブ・プロデューサー」として参加したことが本作にどのような影響を与えているのかはわからない。ただひとつ言えそうなのは、『ダークナイト』3部作(2005-2012)を成功に導き、その後も監督作品を確実にヒットさせてきたノーランの存在が、ワーナー・ブラザースから非常に強い信頼を得ているということだろう。
ちなみに『バットマン vs スーパーマン』製作の際、ノーランはザック・スナイダー監督に私物のIMAXレンズを貸し出していたという。もしかして本作でもノーランの私物が活躍したのだろうか……。

映画『ジャスティス・リーグ』は2017年11月23日より全国ロードショー

Source: https://twitter.com/BatmanNewsCom/status/917167493671804929
©2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly