Menu
(0)

Search

スピルバーグ、『ジュラシック・ワールド/ドミニオン』再集結のオリジナルキャスト3人写真に感極まる

ジュラシック・ワールド/ドミニオン
(c) 2021 Universal Studios. All Rights Reserved.

2022年夏に日本公開を控えている待望作『ジュラシック・ワールド/ドミニオン(原題)』には、『ジュラシック・パーク』シリーズに登場したアラン・グラント博士役のサム・ニール、エリー・サトラー博士役のローラ・ダーン、イアン・マルコム博士役のジェフ・ゴールドブラムが3人揃ってカムバックしているのも大きな見どころの一つだ。

そんな新旧シリーズが大々的にクロスオーバーする画期的な瞬間を、『ドミニオン』のコリン・トレヴォロウ監督がカメラに収め、オリジナル3部作で監督・製作総指揮を担ったスティーヴン・スピルバーグに送った時のことを回顧。米Empireのインタビューでトレヴォロウが、その記念すべき瞬間を目にしたスピルバーグが、かなり感動していたと共有している。

「みんな(オリジナルシリーズのキャスト3人)が初めて一緒に姿を見せる瞬間、彼らはジープに押し込まれます。そして、私がその写真を撮ってスティーヴン(・スピルバーグ)に送ったら、彼がかなり感極まっていました。愛するキャラクターと人々が一堂に会する様子がどれほど素晴らしく見え、冒険を共にする姿にどれほど感動するか、彼でさえ心の準備が出来ていなかったと思います。」

ゴールドブラムは、『ジュラシック・ワールド/炎の王国』(2018)でイアン・マルコム役を再演しているが、サム・ニールとローラ・ダーンは『ジュラシック・ワールド』シリーズ初登場となる。フランチャイズの生みの親であるスピルバーグが、オリジナル版でアイコニックな役を演じた3人が新作で集結した姿に、思わず胸が熱くなってしまったのもうなずける。

『ドミニオン』については、バイクに乗ったオーウェン(演:クリス・プラット)が、初登場となる恐竜に追いかけられる場面写真が公開されたばかり。最新作では様々な種類の新しい恐竜が姿を見せる模様で、俳優陣だけでなく恐竜たちの“キャスティング”も充実しているようだ。

『ジュラシック・ワールド/ドミニオン(原題)』は、2022年夏に日本公開。

Source:Empire

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly