Menu
(0)

Search

『ジュラシック・ワールド/ドミニオン』クリス・プラットが新恐竜から必死に逃げる場面写真が米公開

https://www.instagram.com/p/CXtYyN2MV2K/

プロローグ映像をはじめ、メインキャストのクリス・プラットブライス・ダラス・ハワードを捉えた場面写真が次々と公開されていくなど、2022年夏の公開に向けて早くも高い注目を集めている『ジュラシック・ワールド/ドミニオン(原題:Jurassic World: Dominion)』。この度、Empireよりさらなる場面写真が到着している。

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』(2018)以来となる最新作では、平穏な世界に突如現れた恐竜たちが、人類を史上最大の危機へと陥れることになる。ついにテーマパークから世界を舞台にした物語に突入することになるわけだが、このたび公開されている場面写真では、本作にて初登場となる新型のラプトルのアトロキラプトルから、クリス・プラットふんするオーウェンがバイクで逃げる姿が捉えられている。

Empireのインタビューにて監督のコリン・トレボロウは、「マルタを舞台にした場面です。写真が物語ように、クリス・プラットがアトロキラプトルに追いかけられていて、もしも追いつかれたら、彼は死ぬでしょう」と本場面写真について説明。監督によると、これまでの作品にて登場したヴェロキラプトルは、静かに忍び寄るようなステルスハンター・タイプで、アトロキラプトルはもう少し凶暴な恐竜とのことだ。「アトロキラプトルはひたすらに獲物に襲いかかっていきます。このケースでは、(オーウェンの)匂いを嗅ぎつけ、彼の息の根を止めるまで追い続けるでしょう。彼らは残忍で凶暴なんです」。

本作に初登場する恐竜はアトロキラプトルだけではないという。トレボロウ監督は、「ピロラプトルとアトロキラプトルが大好きです。あとモロスという小さな種の恐竜が登場します。映画ではあまり活躍しませんが、登場するたびに好きになっています」と話している。

ちなみにトレボロウ監督は、「実在した恐竜に焦点を当てたかった」と過去に発言しており、『ジュラシック・ワールド』シリーズではおなじみの、インドラプトルやインドミナス・レックスといったハイブリッド恐竜(遺伝子操作で人工的に作られた恐竜)が登場しないことも明らかにしていた。さらにT-レックスやギガノトサウルスが登場するようだ

『ジュラシック・ワールド/ドミニオン(原題:Jurassic World: Dominion)』は、2022年夏に日本公開。

Source: Empire

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly