Menu
(0)

Search

イアン・マルコム博士は「良心の声」 ─ 『ジュラシック・ワールド/炎の王国』J.A.バヨナ監督インタビュー

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』J.A.バヨナ監督
Photo:Kazuhiko Okuno

『ジュラシック』シリーズ待望の最新作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』が、いよいよ7月13日より日本公開される。

巨匠スティーブン・スピルバーグが恐竜に命を吹き込んだシリーズ第一作『ジュラシック・パーク』(1993)は、公開されるや否や全世界の観客を魅了。続編として1997年には『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』が、2001年には『ジュラシック・パークIII』が製作された。さらに2015年には、クリス・プラット主演で新三部作の一作目となる『ジュラシック・ワールド』が公開され、その世界観はますます広がりを見せている。

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』J.A.バヨナ監督
Photo:Kazuhiko Okuno

前作『ジュラシック・ワールド』でメガホンを取ったコリン・トレボロウに代わり、新シリーズ二作目『炎の王国』で監督に抜擢されたのは、『永遠のこどもたち』(2007)『インポッシブル』(2012)『怪物はささやく』(2016)などで知られるスペイン人クリエイター、J.A.バヨナ。作品の多くに子どもを登場させ瑞々しく描く一方、冴えわたるホラー/サスペンス演出でも知られている監督だ。THE RIVERでは、来日したバヨナ監督にインタビューを敢行。特撮から演出意図、キャストにまつわる裏話までたっぷりと話を聞くことができた。

J.A.バヨナ監督の描く「恐怖」とは

──『ジュラシック』シリーズの中で今作『炎の王国』が最も恐ろしく、またその怖さがたまらなく面白かったです。『怪物はささやく』の世界観に通じるものを感じましたが、「怖さ」というものについて意識されたのでしょうか。

最初にトレボロウから脚本を渡されたとき、「ストーリーの後半はサスペンスにする」と言われていました。プロデューサーたちも自分が適材適所だと思ったみたいです。自分は「怖さ」に関しては敏感ですし、恐ろしいものを作りたい。でも一番最初に思ったのは、良い作品を作りたいということでした。なおかつ最後に残る感情が、恐怖であってほしいというのもありました。というのは、僕が『ジュラシック・パーク』第一作を観た時に恐怖を感じたからです。

ジュラシック・ワールド/炎の王国
© Universal Pictures

──今作も含め、バヨナ監督の作品では一貫して「死の哀しさ」といったものを描いているように感じます。

ストーリー展開はもとから脚本にあったものなので、自分が何か手を加えたということはないですね。ただ最初に脚本を受け取ったとき、その物語をいかに効果的にスクリーンに映すかということを考えました。後半に不気味な館が出てきますが、自分はこれを、お城とお姫様と怪物が出てくるような、いわゆるおとぎ話と捉えて映画を作りました。それから、脚本を読んで感じたのは、非常にオリジナリティがあるし、また詩的であるということですね。

──これほどの大作を監督するのにあたり、プレッシャーはありましたか。

こういうタイプの映画、特にシリーズの続編を手掛けるときには、全てを変えようとはしません。ただ自分が持てる限りの知識と労力をこのサーガに捧げる。そう決意していました。

──劇中、ブライス・ダラス・ハワード演じるクレアは「初めて恐竜を見た時のことを覚えてる?」と問いかけます。この台詞、そして本編の随所でも『ジュラシック・パーク』への原点回帰といったものを感じましたが、バヨナ監督は第一作を意識されたのでしょうか。オリジナルへの特別な思い入れはありますか。

仰る通り『ジュラシック・パーク』第一作は常に意識していますし、尊重しています。観客の皆さんは、恐竜を初めて見たときの感動を覚えていますよね。なので(今作でも恐竜を)見た瞬間、その気持ちをすぐ思い出せるように意識して映画を作ったんです。

ただ自分の中では、第一作と映し出すものが異なるんですよね。例えるならば大きな鏡のようなものです。同じようなシチュエーションでも、鏡は違う面を映し出している。それが第一作へのオマージュでもあります。『ジュラシック・パーク』第一作では、車とT-レックス(ティラノサウルス)のシーンがありますよね。今作では鏡の違う面、例えばオーウェンというキャラクターを映すことによって「第一作から状況は変化し、新たな問題を抱えるようになった」と表現したかったんです。

恐竜再現の苦労 ─ アニマトロニクスとCGの融合

ジュラシック・ワールド/炎の王国
(c)Universal Pictures (c)Giles Keyte

──『ジュラシック・パーク』第一作からは特撮も進化したと思います。今作ではアニマトロニクスとCGを用いていますが、恐竜をリアルに見せることに、どうこだわったのでしょうか。恐竜の再現に際し、苦労した点はありましたか。

アニマトロニクスを使ったのは、実際に(恐竜を)動かすことによって、撮影セットの中に本物の魂が宿ると考えたからです。感情や動作に関して、恐竜と人間の相互作用的な効果がありました。役者が実際に本物を見て触ることができる、というのはアニマトロニクスの良いところですね。役者からリアルな演技が引き出せます。

苦労したのは、アニマトロニクスだとどうしても動きに限界があるということです。その時にはCGを使いました。でも全面的に使うのではなく、あからさまにCGだと分からないよう気を配っています。例えば瞳の中だけ、あるいは恐竜のしっぽだけにCGを使ったり。2つの技術を融合させ、観客にはどれがアニマトロニクスでどれがCGかが分からないようにしました。どちらか片方だけを使うより、非常に良い効果が出ましたね。

キャスティングの裏側に迫る

──イアン・マルコム博士を演じるジェフ・ゴールドブラムの復帰は、どのタイミングで決定したのでしょうか。また、マルコム博士をどのようなキャラクターとして描いたのか教えてください。

ジェフ・ゴールドブラムに関しては、脚本初稿の段階で既にキャスティングされていました。

今作は『ジュラシック・ワールド』三部作の二作目ということで、ある種「結び目」になるような作品だと考えています。一番複雑なのが二作目で、そこにジェフ・ゴールドブラムが参加するのです。僕はマルコム博士が「良心の声」であると考えているんですね。というのは、彼はどこが超えてはならない一線なのかということを、常に意識している人物だからです。この第二作では、非常に不安定な現実世界というものがある。そこにイアン・マルコム博士が登場することで、このストーリーがとても面白くなると考えています。

ジュラシック・ワールド/炎の王国
(C)Universal Pictures Credit: Universal Studios and Amblin Entertainment, Inc. and Legendary Pictures Productions, LLC.

──主演のクリス・プラットは、コメディからシリアスな演技まで幅広くこなす芸達者な俳優ですね。バヨナ監督がクリス・プラットから引き出したこと、新たに発見したことはありますか。

クリス・プラットとの仕事はすごく楽しかったです。皆さんは彼を面白い人だと思っていますが、彼は面白いだけでなく非常に頭の切れる人物でもあります。意見交換もしましたし、映画には彼のアイディアも入っています。特に即興演技がうまいですし、時には現場でそのアイディアが役立ったこともありました。

──バヨナ監督の作品には、よくジェラルディン・チャップリンが出演していますよね。今作では家政婦アイリス役で登場していますが、今回はどのような経緯で起用に至ったのでしょうか。

今作にはジェラルディンにぴったりの完璧な役があったので、才能を発揮してもらえると思いました。ジェラルディンは偉大な女優です。いつも自分の作品に彼女を起用していますが、僕は彼女に最高の役をやってほしいと思っているんです。

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』J.A.バヨナ監督
Photo:Kazuhiko Okuno

──バヨナ監督の作品では「子どもの視点」を大事にしているように思います。今作でもイザベラ・サーモン演じるメイジーの視点が丁寧に描かれていると感じました。

そうですね。僕は「子どもの視点」というものをとても心地よく感じています。子どもたちと一緒に仕事をするのは楽しいですね。時には忍耐力も必要ですけれど。人物だけではなく映画作りのプロセスみたいなものも理解してもらう必要があるので、そのあたりは少し大変なところもありますが、自分の中ではいつも満足する形で終わります。

──話は変わりますが、バヨナ監督から今作の内容を聞いたスパイダーマン役のトム・ホランドが、脚本を読む前のクリス・プラットに展開を全部バラしちゃっていたそうですね。

自分がオファーを受けたときにトム・ホランドにも内容を話したんですよ。でもクリス・プラットに話しちゃってたのは知らなかった。ニュースで初めて知りました。トム・ホランドには説教しました(笑)。

──最後に、一番好きな恐竜を教えてください。

T-レックスが一番好きです。力強さもありますし、人間が一番恐怖を感じる恐竜だと思います。というのは、T-レックスは人間が自然に反して作ってしまったものだから。T-レックスを見ると、自分の中にいる怪物を思い出す。だから怖いんですよね。

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』
(c)Universal Pictures (c)Giles Keyte

質問に対し、常に真摯に答えてくれたJ.A.バヨナ監督。その実直な人柄が垣間見えたインタビューだった。

映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』は、7月13日より全国ロードショー。

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』公式サイト:http://www.jurassicworld.jp/

恐竜ドラマどう動く ─ 『ジュラシック・ワールド/炎の王国』コリン・トレボロウにインタビュー

(取材、文:まだい)

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly