『ジュラシック・ワールド/炎の王国』米国版新予告編が公開される ― 新たな恐竜、寝室に現る

映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』の新たな予告編が米国にて公開された。
本作は人気映画『ジュラシック・パーク』シリーズの最新作で、『ジュラシック・ワールド』(2015)の続編。今回の映像は、2018年2月4日(現地時間)に米国最大のスポーツイベント、第52回スーパーボウルの中継にて放映されたものだ。

本作の舞台は、前作で崩壊したテーマパーク、ジュラシック・ワールドを有するイスラ・ヌブラル島。火山の大噴火の予兆が捉えられる危機的状況の中で、人類は恐竜の生死を自然に委ねるか、それとも自らの命を懸けて恐竜を救い出すのか、究極の選択を迫られる……。

前回公開された予告編は、こうしたストーリーラインをありのままに表現したものだった。炎が噴き上がる島に、大量に登場する恐竜たち、そしてアクションシーン。いわばアクション映画としての『ジュラシック・ワールド/炎の王国』が強調された格好だったが、今回はむしろ“怖い映画”としての側面にフォーカスされたものといっていいだろう。
少女の眠る寝室に現れる新たな怪獣は、その演出もあいまって、まるで恐竜らしからぬクリーチャーのようにも思われるし、島では恐竜たちが容赦なく人間に襲いかかる。シリーズ第1作『ジュラシック・パーク』(1993)を思わせる場面に気づいた人も多いのではないだろうか。

出演者は前作より、主人公オーウェン役のクリス・プラット、ジュラシック・ワールドの運営責任者だったクレア役のブライス・ダラス・ハワードが続投。シリーズの人気キャラクター・マルコム博士役でジェフ・ゴールドブラムが再登場を果たす(今回の予告編には残念ながら登場せず)。そのほか、ジャスティス・スミス、ダニエラ・ピネダ、ジェームズ・クロムウェルらが新キャラクターとして登場する。

本作でメガホンを取るのは、『怪物はささやく』(2016)などホラー映画出身のJ・A・バヨナ。脚本は前作監督のコリン・トレボロウ、そしてデレク・コノリーが共同執筆した。なおスティーヴン・スピルバーグも製作総指揮として本作に携わっている。

映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』は、2018年7月13日(金)より全国ロードショー

© Universal Pictures

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。