Menu
(0)

Search

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』米国版新予告編が公開される ― 新たな恐竜、寝室に現る

ジュラシック・ワールド/炎の王国
© Universal Pictures

映画ジュラシック・ワールド/炎の王国の新たな予告編が米国にて公開された。
本作は人気映画『ジュラシック・パーク』シリーズの最新作で、『ジュラシック・ワールド』(2015)の続編。今回の映像は、2018年2月4日(現地時間)に米国最大のスポーツイベント、第52回スーパーボウルの中継にて放映されたものだ。

本作の舞台は、前作で崩壊したテーマパーク、ジュラシック・ワールドを有するイスラ・ヌブラル島。火山の大噴火の予兆が捉えられる危機的状況の中で、人類は恐竜の生死を自然に委ねるか、それとも自らの命を懸けて恐竜を救い出すのか、究極の選択を迫られる……。

前回公開された予告編は、こうしたストーリーラインをありのままに表現したものだった。炎が噴き上がる島に、大量に登場する恐竜たち、そしてアクションシーン。いわばアクション映画としての『ジュラシック・ワールド/炎の王国』が強調された格好だったが、今回はむしろ“怖い映画”としての側面にフォーカスされたものといっていいだろう。
少女の眠る寝室に現れる新たな怪獣は、その演出もあいまって、まるで恐竜らしからぬクリーチャーのようにも思われるし、島では恐竜たちが容赦なく人間に襲いかかる。シリーズ第1作『ジュラシック・パーク』(1993)を思わせる場面に気づいた人も多いのではないだろうか。

出演者は前作より、主人公オーウェン役のクリス・プラット、ジュラシック・ワールドの運営責任者だったクレア役のブライス・ダラス・ハワードが続投。シリーズの人気キャラクター・マルコム博士役でジェフ・ゴールドブラムが再登場を果たす(今回の予告編には残念ながら登場せず)。そのほか、ジャスティス・スミス、ダニエラ・ピネダ、ジェームズ・クロムウェルらが新キャラクターとして登場する。

本作でメガホンを取るのは、『怪物はささやく』(2016)などホラー映画出身のJ・A・バヨナ。脚本は前作監督のコリン・トレボロウ、そしてデレク・コノリーが共同執筆した。なおスティーヴン・スピルバーグも製作総指揮として本作に携わっている。

映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』は、2018年7月13日(金)より全国ロードショー

© Universal Pictures

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly