Menu
(0)

Search

『ジョン・ウィック:パラベラム』驚愕の荒業「ブック・フー」炸裂 ─ 身長2メートルの強敵・人間摩天楼との対決シーンが到着

ジョン・ウィック:パラベラム
®, TM & © 2019 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

キアヌ・リーブス主演のスタイリッシュ・アクションシリーズ最新作『ジョン・ウィック:パラベラム』より、伝説の殺し屋であるジョン・ウィックさんが、身長2メートル超えという長身の強敵を相手に驚愕の荒業「本(ブック)・フー」をお見舞いする本編映像が到着した。


裏社会の聖域・コンチネンタルホテルで、伝説の殺し屋ジョン・ウィックは不殺の掟を破ってしまう。全てを奪ったマフィアへの壮絶な復讐の先に待っていたのは、聖域からの追放と、裏社会の秩序を厳守する組織による粛清の包囲網だった……。

このたび公開されたのは、1,400万ドルの賞金首となるまでに1時間の猶予を与えられたジョンが、あるものを手に入れるため、ニューヨーク公共図書館に逃げ込む場面だ。ジョンが取り出したのは、前作でジョンを復讐へと駆り立てる原因となった、裏社会の契約証「血の誓印」と、今は亡き妻との写真。切なげに写真を見つめて口づけるジョンだったが、その前に、14世紀の詩人ダンテの「神曲」の一節を語りながら、一人の大男が現れた。

ジョン・ウィック:パラベラム
®, TM & © 2019 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

身長2メートルを超えるこの男こそ、現役NBA選手のボバン・マリヤノヴィッチが演じる第一の刺客、“NYの人間摩天楼(ハイタワー)”ことアーネストだ。賞金首になるまで「まだ時間はある」と諭すジョンに、アーネストは「じき時間切れだ」と聞く耳を持たず、見た目とは相反する小物っぷりを見せつける。懐からナイフを取り出してジョンに襲いかかるアーネストに、本棚に挟まれて逃げ場のないジョンは大苦戦。

しかしジョンは、肩にナイフを突き立てられるも手にした本で反撃を開始。背表紙で股間を打ち抜き、顔面に本を押し当てて連続で殴打を浴びせるという、かつて1本の鉛筆で3人を瞬殺した男ならではの荒業「本(ブック)・フー」を炸裂させる。しかしアーネストは本棚にジョンを打ち付けて応戦、「シーッ!」とマナー違反を注意する余裕すら見せる。ジョン・ウィックさんの初戦、果たしてどうなる?

ジョン・ウィック:パラベラム
®, TM & © 2019 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

多彩に進化したアクションが全編を貫く本作で、キアヌはアクションのほとんどを自ら演じた。「“僕ができる”ということがアクションシーンの限界になる。だから、前作よりも早めにトレーニングを始めました。僕は上手じゃないので、練習はしっかりしないといけないんです」。またアクションの振付は、実際に撮影が行われる前日や当日に伝えられるとのこと。現代アクションを牽引するクリエイターのひとり、チャド・スタエルスキ監督は驚きのスタイルで撮影を進めているのだ。キアヌが「僕たちが映画づくりを楽しんだのと同じくらい、観客にも盛り上がってほしいと思います」と語る渾身の一作、ぜひ劇場でご覧いただきたい。

映画『ジョン・ウィック:パラベラム』は2019年10月4日(金)全国ロードショー

そのほか「◯◯・フー」はこちら

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly